So-net無料ブログ作成

師走は、忙しいですね [ワイン]

昨日は午後から4つの用事が入っていたので、走り回りました。師走はホント、忙しいですね。

山梨県が年に1度開催している試飲・商談会。今年も県内21ワイナリーが参加して、地元のワインのPRに努めました。会場は新宿のセンチュリー・ハイアット東京です。
理論派で知られる丸藤葡萄酒工場(株)の大村春夫社長も奥様とブースでサービス。『Japan Wine Competition2006』で金賞を受賞した『2003ドメーヌルバイヤート/品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、プティ・ヴェルド』も惜しみなく振舞っていただきました。上品な樽香と新樽由来のココアやヴァニラの風味、口中に広がる酸味&渋味の印象も良く、バランスが取れた逸品だと思いました。大村さ~ん、これからも頑張ってください♪


15時からは芝公園にあるセレスティン・ホテルで、プレスを対象にした日本リカー(株)主催フランソワ・ティエンポン社長のセミナーです。『ル・パン』や『ヴィユー・シャトー・セルタン』等の多くのシャトーを経営するティエンポンファミリーのフランソワ・ティエンポン社長と、天才醸造家と呼ばれるステファン・ドゥルノンクールさんとのジョイントによって生まれた情熱のワイン『テラ・ブルディガル(“ボルドーの大地”の意味)』のシリーズ7種類をテイスティングしました。http://www.wingswine.com
お気に入りは、画像右から3番目の『ラ・ヴィオレット シャトー マノワール・ドゥ・グラボー2002』でその名の通り、色調が紫色で果実味豊か、香りの中に黒胡椒やミント、ユーカリ等のスパイシーさも感じました。
小売価格が3,507円(税抜)というのも魅力です。


3つめの訪問は、いつもお世話になっているワイナリー和泉屋の新井治彦社長の自社ビルにオープンしたワイン・バー『エスペルト』へ。池袋駅東口下車、明治通りを目白方面に歩いて5分のところにある人通りの多い路面店です。凄く羨ましい立地です、いいなぁ♪
さすが、新井社長、人脈の広さが自慢だけあって、各界からのお客様で店内は賑わっていました。
黒とオレンジを基調にした内装は部材もしっかりしていて、相当気を遣ってデザイナーさんと話し合ったなぁという印象でした。ワインセラーには高級ワインがたっぷり入っています。
haruさ~ん、大盤振る舞いしてくださ~い♪
住所:豊島区南池袋1-13-21 地図
電話:(03)3987-3660
ユニークなキャラはhttp://www.cellerespelt.com/で!


そして最後、予定の時間より1時間も遅れて(苦笑)。
渡辺正澄先生が主催しているワインマスターR .研究会&ギリシャワイン協会のワインパーティの会場へ。場所は品川にあるホテルパシフィック東京です。
先日のNon Solo Vinoにも参加してくださった広島の武田ご夫妻、ルロワのワインに精通した横浜高島屋の日高さん、ソムリエの佐藤さん、佐々木さん、ソムリエールの小口さん、お世話になりました!
クリスマスのイルミネーションが池面に映えた映像で締めま~す。皆様、お疲れ様でした♪


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(1) 

nice! 5

コメント 12

JUNe

コメントありがとうございました。
ワインのこととなど、あまり詳しくないですが
勉強のつもりでちょくちょくあそびにこさせていただきます。
by JUNe (2006-12-09 01:29) 

fumiko

訪問歓迎、樹音様、200個目のチェック&コメント、ありがとうございました!
微力ですが、ご期待に応えられるように頑張りま~す。
私も樹音さんの魅力的な画像の数々、楽しませていただきます♪
by fumiko (2006-12-09 21:45) 

Wino

んー、お疲れ様はfumikoさんですよ。
テイエンポンファミリーに和泉屋さんとラッシュですねー

お忙しいとは思いますが、ブログのアップも忘れずにお願いしますね。
年末年始とまたすごいラインアップ出てくるんでしょうね。
by Wino (2006-12-10 19:29) 

ワイナリー和泉屋

おはようございます、怒濤の三日間でした。500人弱の皆様にいらしてもらえました、う~ん、感激。先生も忙しい中、本当にありがとうございます。
やっぱり、『人間』って良いですよね。本当に皆に生かされているんだなぁと感じました。いつもいつもやりたいことだらけで空回り状態ですがこれからもいろいろと良きアドバイスをくださいね。
先生と出会えたことに 感謝 です。
by ワイナリー和泉屋 (2006-12-11 10:53) 

fumiko

なんと、お優しいお言葉、winoさん! 怒涛のスケジュールは多少落ち着き、今は機関誌新年号の作業で、違うバタバタをしています(笑)。
>年末年始とまたすごいラインアップ出てくるんでしょうね。
期待その一は、ビルカール・サルモンのアントワーヌさんの来日。今回はロゼに焦点が当たっているような。キュヴェ・エリザベス・サルモン・ロゼかな!

Haruさん、お疲れ様でした!
“怒涛”なる表現、早速、winoさんのお返事に流用させていただきました(笑)
『エスペルト』は、壁面収納が充実しているので、お客様も安心して飲めますよね。個室も落ち着いた雰囲気でNice!です。
ワイン界の大先輩、商売の神様Haruさんの影を踏まないようにしながら学ばせていただきますので、宜しくお願いいたしま~す♪
by fumiko (2006-12-11 18:16) 

Wino

キュヴェ・エリザベス・サルモン・ロゼ!
おお!おお!なんという響き。。言葉が出ません。
どんな味なんでしょうか。。。
しかもアントワーヌさん来日!Upしてくださいね。
あーまた飲みたくなってきた。ビカール サルモン!
by Wino (2006-12-11 22:32) 

fumiko

winoさんのBS好きはブログで拝見しております。繊細で膨らみがあり、とても良いですよね。
世紀のヴィンテージと言われる“1996”のシャンパンが何アイテムかあるようなので、チェックしてきます。
by fumiko (2006-12-11 23:34) 

hako

何と幸せな忙しさですね。ルバイヤートという響きに惹かれます。
ドゥルノンクールという名前も、指揮者のアーノンクールさんを連想させて
印象良し。最後のエスペルトは、最高ですね。池袋要チェックです。
by hako (2006-12-12 06:44) 

miumiu

大忙しですね。ホントに師走。
fumikoセンセー走る走る~=3ってとこでしょうか?

ナント!和泉屋さんの自社ビルにワインバーですと!?
耳寄りニュース有難うございます。近い内にいかなくちゃですね。
by miumiu (2006-12-12 14:37) 

fumiko

hakoさん、『ルバイヤート』は詩人日夏耿之介氏の命名によるものですが、神楽坂に大村社長の弟さんが経営する同名のワインバーがあります。
Haruさんの池袋『エスペルト』と神楽坂『ルバイヤート』、要チェックです♪

miumiuさん、本当にこの週はよく走りました(苦笑)。
ハビエル・マリスカル氏のキャラ、ニノッティ君が出迎えてくれる『エスペルト』是非是非いらしてください。Haruさん情報によりますと、
グラス バイレット 2005 / エスペルト \450~
グラス キンセ・ルレス2005/エスペルト \650~
グラス ビディビ2003 / エスペルト  \550~
白ワイン(フランス、イタリア、スペインなど) \350~
赤ワイン(フランス、イタリア、スペインなど) \350~
ボトル(フランス、イタリア、スペインなど) \4000~

エスペルト名物 トルティーヤ      \400~
本日のタパス              \300
小エビのフリットピリ辛マヨネーズ和え  \500
料理長オススメ具沢山スープ       \500
ピッツァ マルゲリータ         \500
ピッツァ 4種類のチーズ        \700
という感じです♪
by fumiko (2006-12-13 11:13) 

Kan

昨日、harusanのお店におじゃましてきました♪
いろんなスペインワインを飲ませていただいたのですが、
香りの良いメンシアのワインが特に印象的でした。。。

オレンジの内装もとっても素敵なんですが
壁やグラスに描かれているハビエル・マリスカルさんのイラストも
すごく可愛いですよね。
また、講座のみなさんと一緒に、ぜひお店に行きましょう!
by Kan (2006-12-17 16:22) 

fumiko

Kanさん、早速Haruさんに「講座生と行きます、幹事はKanさん」と連絡済みです(笑)。計画宜しく!
そうそう、マリスカルさんのキャラクターの名は二ノッティ君ではなく、『二ノット君』でした。Haruさん、すみません~、間違えていました。
by fumiko (2006-12-18 00:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1