So-net無料ブログ作成
検索選択

2008年締めのブログは華やかに! 講師冥利のお仕事でした!!  [映画でワイン・レッスン]

今年はかねてからの念願だった『映画でワイン・レッスン』を再デビューさせることができました。それに関連する動きも活発です。その1つが過日アップした『ひとりバベットの味見』報告でしたが、予定通り12月18日に銀座『みつ和』で開催した“映画とワインの夕べ” 『バベットの晩餐会』本番も無事終了いたしました。

その報告を「細かく書いている時間がない~(汗)」とあせっていたところ、素晴らしい救世主が現れました! チーズ界の大御所本間るみ子先生です! 
本間さんには当日特別ゲストとしてご参加いただき、わかりやすいチーズ解説もしていただいたのですが、嬉しいことに『フェルミエ』発行のメル・マガ(658号)に当日の様子を書いてくださっていました!! https://shopping.fermier.fm/diary/diary.php

メル・マガを一読なさってから、メルシャンの斎藤富明氏が撮影してくださった画像をご覧いただければ、おいしい映画『バベットの晩餐会』の再現をご体感いただけるもの、と思っています。
では・・・
IMG_7509みつ和マダム開会の挨拶1.JPG川端シェフからの説明2.JPG
定員24名予定が、『バベットの晩餐会』信奉者が多かったこともあり、お席を広げ40名様の盛会になりました。川端総料理長は100年以上前の料理の文献を丁寧に調べ、臨んでくださいました!

IMG_7521スープ4.JPGIMG_7518デル・デューク3.JPG
“コンソメスープ”にはシェリーのアモンティリャード30年もの、ゴンザレス・ビアスの『デル・デューク』を。渾然一体の味わい、素晴らしいの一言につきます!!

IMG_7525キャビアブリニ6.JPGIMG_7523ヴーヴクリコNV5.JPG
“ロシア産キャビアのドミドフ風ブリニ”はイエロー・ラベルNVと合わせました。ドミドフ風とはネギのすりおろしを加えたものだそうです。

IMG_75314種の和食8.JPGIMG_7526ベル・エポック1999 7.JPG
『みつ和』オリジナルの和食4品は①鮃の手鞠寿司柚子風味、②なまこみぞれ酢和え、③蛸赤ワイン煮、④京菜花辛子和えで、これらを『ベル・エポック1999』に合わせていただきました。柚子や辛子の風味、みぞれ酢はヴィンテージ・シャンパンと絶妙のバランスで、NVと比較して、ベル・エポックの“生地の良さ”を実感。

この日は、目で見ておいしい映画『パリのレストラン』のワインシーンも放映し、この映画に登場する『ベル・エポック』と『シャンボル・ミュズニー・クロ・デュ・ヴィラージュ2003(ドメーヌ・アントナン・ギヨン)』を特別供出しました。実は2作品には共通点があるのです。それは主人公を演じているのがステファーヌ・オードランということです。バベットは黒い衣装でりりしく、後者では目にも鮮やかな赤い衣装で貫禄たっぷりに。気になる方は要チェックを(笑)

IMG_7537野菜のコンポジション9.JPGIMG_75505アイテム10.JPG
バベットのメニューにあった“季節のサラダ”には、川端シェフ考案のカラフルな“野菜のコンポジション”で。右の画像は供出ワイン5アイテムです。

IMG_7549鶉ちゃん12.JPGIMG_7541クロヴージョ11.JPG
究極“ウズラのフォアグラ詰めパイケース入り、ソースペリグディーヌ”と『クロ・ド・ヴージョ2002(ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン)』、ウズラとソースの深い味わいとクロ・ド・ヴージョはさすがの組み合わせ、納得できます。ヴィンテージも2002年だからこそ、の意味も感じる素晴らしさでした。ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン、とても良いです!

IMG_7555本間先生14.JPGIMG_7556チーズ13.JPG
本間先生登場! カンタルとブルー・ドーヴェルニュの2種について解説をしてくださいました。
2種ともオーヴェルニュのチーズですね。

IMG_7473みつ和自慢のいくらご飯15.JPGIMG_7560ほうじ茶美味でした!16.JPG
『みつ和』オリジナル“自家製いくら味噌漬けと鮭ご飯、味噌汁、香の物”。ほうじ茶も美味でした!

IMG_7568ミリオン商事の本間社長も17.JPGIMG_7559オーナーの清水昌子マダム17.JPG
ミリオン商事の本間社長は母君とご参加。いくつになっても親孝行されるのは嬉しいですよね。
1度で2度おいしい会の本領発揮。清水昌子オーナーからご飯が出てくる理由についての説明がありました。

IMG_7581サバランチ合わせて20.JPGIMG_7578ドメーヌカズのノエル19.JPG
映画の最後はコニャックでしたが、当日は甘口ワインで締めました。『ミュスカ・ド・ノエル2008(ドメーヌ・カズ)』です。南フランスのラングドック・ルーション地方でその年に収穫されたぶどう「ミュスカ」から造られる天然甘口酒精強化ワインの“新酒”。それもクリスマスの時期近くになると解禁されるワインなんです。バベットに出てくるサバランと良く合いました。

IMG_7534バベット集合写真.JPG
同じテーブルだった本間るみ子先生、料理研究家の上野万梨子先生(左から3人目)、松本さん、山浦さん、ありがとうございました。また12月のお忙しい折にもかかわらず、ご参加くださいました皆様にも心から御礼を申しあげます。
『みつ和』のマダム昌子、清水社長、川端総料理長、藤田支配人、尾形ソムリエ、スタッフの皆様、そして力強いサポート役斎藤様、ありがとうございました!!

今年はブログをアップする回数も減り気味になってしまいましたが懲りずに、今後とも宜しくお願いします。皆様にとりまして2009年が輝かしい年になりますように♪

インフォメーション
いちばんやさしいイタリア料理 監修:長本和子.jpg
フェルミエのメル・マガにあった長本和子さん監修の素敵な御本『いちばんやさしいイタリア料理』が12月8日にリリースされました。本間るみ子さんと和子さんはなが~い付き合いがあり、本間先生を私に紹介してくださった、その人が和子さんなんです!
本書はオールカラーで1,600円(税別)、最初に手にした時、「すごく贅沢でおしゃれ!」と感じました。ページをぱらぱらとめくっているだけで確実にお腹がすいてきます(笑)。アマゾンで要チェック、宜しくお願いします。
彼女の素敵なお店『カシーナ・カナミッラ』のURLを見てください。プラス、ブログの項目も覗いてくださ~い。http://www.canamilla.jp/
2009年1月2日(金)と4日(日)は、お正月スペシャルオープンしていますよ~
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 6

aki

冨美子先生

あけましておめでとうございます。
今となっては「昨年」となってしまいましたが
このブログを通じて素晴らしい会の一部始終を
拝見させていただくことができました。

冨美子先生を囲む素晴らしいゲストの顔ぶれに、
よい料理とワイン・・・きっとよい一日になられたのでは
と思います。

どうぞ今年も私たちワインを愛するものどもを刺激する
「non sol vino」の世界を繰り広げていってください!

ブログの更新楽しみにしています★
by aki (2009-01-01 15:53) 

fumiko

AKIさん
あけましておめでとうございます、今年も宜しくお願いします。
雪に囲まれたお正月をお迎えですか?

>どうぞ今年も私たちワインを愛するものどもを刺激する
>「non sol vino」の世界を繰り広げていってください!

2009年は新たなステージで頑張ることになると思います。
今後とも宜しく、です!!



by fumiko (2009-01-01 21:27) 

wino

あけましておめでとうございます!
今年はfumikoさんの講義やイベントに参加したいです!
by wino (2009-01-02 17:17) 

fumiko

winoさん、あけましておめでとうございます♪

景気の動向が気になりますが、パワー全開で頑張りましょうね!

>今年はfumikoさんの講義やイベントに参加したいです!
winoさんのそのお言葉、待っておりました(笑)
決して後悔はさせない青木のイヴェントです、ご期待ください!!
by fumiko (2009-01-03 01:42) 

miumiu

あ~~~素敵な晩餐だったのですね~。記事を読みながら妄想。(笑
企画のすばらしさも然る事ながら、人脈もすばらしいですよね!流石です!!
by miumiu (2009-01-13 02:19) 

fumiko

miumiuさん、チェック&コメント、サンキューです♪
>企画のすばらしさも然る事ながら、人脈もすばらしいですよね!流石で>す!!
嬉しいほめ言葉!! ワインの世界の一期一会、大事にしたいです。

by fumiko (2009-01-17 19:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。