So-net無料ブログ作成
検索選択

(株)ファインズ主催チャリティー試飲会 ~日本のために皆で一つになろう~ [ワイン]

東関東大震災発生後、各国の生産者から寄せられた温かな気持ちに対して、輸入元の(株)ファインズが「Tous ensemble pour le Japon ~日本のために皆で一つになろう~」を合言葉に開催したチャリティー試飲会!

来日したのは画像左から(敬称略)
■ブシャール・ペール・エ・フィスのフィリップ・プロ、■アンリオグループ(シャンパーニュアンリオ&ウィリアム・フェーブル)の西山雅己、 ■ドメーヌ・ヴァインバックのカトリーヌ・ファレール、 ■チェレットのフェデリコ・チェレット、■ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレのヴァンサン・モンジャール

IMG_0061 .JPG
メンバー紹介は同社中西卓也代表取締役(最左端)

IMG_0059.JPG
■ドメーヌ・プリューレ・ロックの共同経営者ヤニック・シャン、当主アンリ・フレデリック・ロック
■ドメーヌ・アンリ・ボワイヨのアンリ・ボワイヨ、M.L.C.のミシェル・ガイヨ

東京会場@ホテル・オークラでは第一部を酒販店、ワインショップ、業務店、プレス/第ニ部では200名のワイン愛好家(抽選)を対象にして、また翌日には一同大阪で酒販店、ワインショップ、業務店向けの試飲会を行いました。

有料試飲コーナー(協賛生産者)は■カステッロ・デイ・ランポッラ、■ジュゼッペ・クインタレッリ
■ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ、■ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ

ファインズ様から届いた報告によりますと、入場者数(東京2回&大阪1回)は両日で計430名、寄付金総額は1,707,000円。 すべて公益社団法人Civic Forceの東北大震災のための活動資金として活用なさるそうです。

IMG_0093 .JPG
西山氏は「特別供出のアンリオ『キュヴェ・アンシャンテルール1990 マグナム』1本は開始15分でカラになりました。もの凄い行列でびっくりしました!」と。
熟成によって本領発揮のアンリオ、マグナムだからなおさらその良さも実感できたはずです。19時に到着した私は愛しの1990マグナムとの対面かなわず、ホント残念~

IMG_0090.JPG
スーヴェラン、ブラン・ド・ブラン、ロゼ、アンシャンテルール1995を楽しむワインラバーさん

IMG_0074 .JPG
第ニ部には若い女性が多かったので、ブシャールのプロさんも終始、笑顔、笑顔、笑顔~

IMG_0079 .JPG
柔和な印象のボワイエさん(右)、ブルゴーニュM.L.C.のミシェルさん
「テレビで被害の様子を見ました。今、私たちができることをしなければいけないと思っています」

IMG_0076 1111.JPGIMG_0081 .JPG
(画像左)紅一点はアルザスにあるドメーヌ・ヴァインバックのカトリーヌさん
コレット夫人の長女でドメーヌの運営全般を担当しています。
お気入りのゲヴェルツトラミナー・グランクリュ・フュルステンテュムヴァンダンジュを手に。杏や蜜たっぷりのリンゴを彷彿とさせる至福、癒しのワインです!

(画像右)寡黙な方と思いきや、被災地の皆さまや日本人への思いは人一倍強かったヴァンサンさん
「大震災のニュースを見て大変驚きました。日本には大事な友人がたくさんいます。1週間連絡がつかず、落ちつかない日々でした。ブルゴーニュにとって日本人は特別の存在です。自然災害は防ぎようがないものですが、復興を願い、以前のような日本に早く戻って欲しいと思っています。今、一番伝えたいのは“こころ”です」

IMG_0086.JPG
プリューレ・ロックの共同経営者ヤニックさん
前日のワインメーカーズディナーや終日の試飲会でロックさんは閉会30分前にダウン、お大事に!
ヤニックさんは「このイヴェントにはアミティエとして参加しました。amitieは友情とか友好の意味ですが、平時ではなく、大変なことがあったり、何かで苦しんでいる時に使います。日本が大変な時なので、私たちはその思いでいます」

ヤニックさんは最後に「日本は必ず復興します。会場となったホテルオークラでもここ1ヶ月電力節電のための取り組みをしていたようですが、そのようなことはフランスでは考えられません。日本が復興できないわけはありませんし、それは疑う余地のないことです」という温かなエールもくださいました。

拙ツイッターでチャリティー試飲会の告知をさせていただきました。多くの方々が関心を持って下さっているのがよくわかりました。残念ながら抽選に外れてしまったフォロワーさんから「チャリティーなのだからもっと参加できる人を増やして欲しかった。生産者と会うチャンスが少ない一般人を優先して欲しい。ワインの売り上げの貢献をしているのは一般の人です」という書き込みもありました。

第二部の様子を拝見していて強く感じたのは、ブースで試飲しながら質問している消費者の方々の熱心さです。ワインのすそ野を広げていくためには一般消費者の活性化が重要だと私も思っています。今回予想以上の申し込みがあり、ファインズ様も定員を倍に増やして対応なさっていましたが、外れてしまった方が多くいたのも事実です。

震災から4か月が過ぎました。被災地に向けての支援活動はまだまだ続けていかなければならない状況です。そのような中で行われたワイン愛好家を招いてのチャリティー試飲会はワイン界にとっても非常に意味深いことだったと思います。
ファインワインの輸入元(株)ファインズが誇る世界中の素晴らしい生産者とのつながり。
消費者の皆さんの熱き思いを今後も良い形で反映してくださることを願っています。

大岩さん、羽根田さん、チャリティー試飲会でのサポート感謝です!!
nice!(15)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 15

コメント 3

hako

信頼感のある輸入元は、良いですね。
by hako (2011-07-11 21:46) 

fumiko

hakoさん、来日した皆様の「熱い思い」は素晴らしかったです。


nikiさん、早々のチェック、感謝です!

ChinchikoPapaさん、チェックいただき、ありがとうございました。

にょにょさんは応募なさったのですか?

ventre-dolorさん、nice、ありがとうございます。

tokiさん、チェック、ありがとうございました!

tsworkingさん、チェックありがとうございました!

by fumiko (2011-07-12 23:50) 

fumiko

ぼんぼちぼちぼちさん、小粋な内容のブログ、いいですね♪

shin.sionさん、チェック、ありがとうございます!

うつマモルさん、nice、ありがとうございました!

micheさん、夏バテしていませんか?

Winoさん、誕生日、おめでとうございました!
by fumiko (2011-07-17 12:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0