So-net無料ブログ作成

アンリオ家の歴史をつなぐ『キューヴ38』、世界に先駆けサードエディションを披露@アピシウス [来日したワイン生産者&関係者(シャンパン)]

ソレラシステムによる“永遠のリザーヴ”ワイン

2015年、アンリオ ファミリー グループの8代目社長に就任したジル・ド・ ラルズィエールさん
右後方にあるファーストエディションの容器は、キューヴ38のタンクを模した形になっています。
シャンパーニュ地方アンリオ、ブルゴーニュ地方ブシャール・ペール・エ・フィス、シャブリ地区ウイリアム・フェーブル

輸入元ファインズ主催のチャリティ試飲会のために来日したド・ ラルズィエール社長が、別開催のメーカーズランチで、6月発売予定の『キューヴ38』のサードエディションを披露しました。


会場はフレンチの名門『アピシウス』

ウェルカムシャンパンは注目のロゼ ブリュット ミレジメ 2008

口開けはインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で、金賞&トロフィーをW受賞しているアンリオ自慢のヴィンテージ・ロゼ。秀逸なロゼはワインのこころFB版で紹介させていただきました。

時間を大事にしているアンリオとアピシウス


サービスしてくださったのは2013年からアンリオのアンバサダーとして活躍している情野博之シェフソムリエ。「ムニエは使わず、シャルドネとピノ・ノワールという対照的なぶどうをブレンドしているメゾンで、NVのブラン・ド・スーヴェランにしても4年間という長い熟成を経ています。出汁を取って、じっくりと仕上げていくうちの料理ととても良く合っていますし、お客さまもアンリオ好きの方が多いと感じています」と語っていました。


ロゼと前菜の鰆のフライ、鯨のカルパッチョを合せると、切れのよい酸と軽いタンニンが口中をリフレッシュ!鯨の登場に初めは驚いていた同社長ですが、相性には満足なさっていたご様子


綺麗な温製鮑と茸のモザイク仕立てのテリーヌ
右上には)オリーブオイルで伸ばしてペースト状にした鮑の肝

キューヴ38 ファーストエディション&サードエディションの解説

photo by Fumiko (2015年11月)

『キューヴ38』は467ヘクトリlットルのステンレスタンクの名前で、シャンパンもそれに由来しています。現在、このタンクのなかには1990年から昨年収穫した2016年までのワインが入っています。ソレラシステムで継ぎ足してきたリザーヴワインです。

スペインのシェリーの熟成法で、3~4層に積み上げられた樽の最上部には一番若いワイン、下部になるにつれて樽内のワインは古く、最下部は床(スエロ)近くにあるのでソレラと呼ばれていて、一番古いワインが入っている。シェリーを造る時、ソレラから適量のワインを抜き取り、抜き取った部分には上部の樽からワインを補充。さらに、その樽の空き部分にはその上の樽から補充していくというシステム。ソレラの樽には何年にもわたるワインが混在していることになる。

アンリオでは毎年約20%の量をキューヴ38から抜き取り、うち約17%はNVの『ブリュット・スーヴェラン』と『ブラン・ド・ブラン』用リザーヴワインとして、残りの約3%は『キューヴ38』に使っています。
タンクから抜き取った空スペースには、シェリーのソレラと同様、収穫したばかりの若いワインを加えます。キューヴ38が“永遠のリザーヴ”と呼ばれているのは、シャルドネハウスと形容されるアンリオの、1990年から今に至るまでのシャルドネがタンクのなかで受け継がれているからです。


本邦初のサードエディション

風呂敷に包まれて登場した『キューヴ38』のサードエディション


若干軽量化した容器、情野ソムリエの姿が写って!

ボトルの表と裏をチェック

(左)キューヴ38 ファーストエディション
ベースワインは1990年から2007年までの18ヴィンテージ
(右)キューヴ38 サードエディション
ベースワインは1990年から2009年までの20ヴィンテージ


生産本数とティラージュ(2次発酵のために酵母と蔗糖を加えて瓶詰)した日付を明記
(左)1,000本中292本目のボトル、ティラージュは2009年、デゴルジュマンは2014年9月、ドザージュは3.5g/L、1500ml 、参考価格10万円(税別)
主要な輸出国は米国、イタリア、英国、日本で、ファーストエディションは500本をフランス本国で販売
(右)990本中93本目のボトルで、ティラージュは2011年、デゴルジュマンは2016年6月、ドザージュは3.2g/L、1500ml、価格は未発表

デイアムコルクを導入


アンリオファミリーグループでは1992年からDIAMコルク(ブショネの元になるTCAを生成させない処理をしたコルク)の研究(コルクの均一性、ワインの熟成の具合等)を進めていて、2000年代になってから、ブルゴーニュの白のエントリーレベルから導入。現在ではウィリアム・フェーブルは100%、ブシャール・ペール・エ・フィスの白も100%、シャンパンはブラン・ド・ブランに導入しているので、キューヴ38もディアムコルク。コルクにはDIAMANT(商標)の刻印があります。

ド・ ラルズィエール社長は「ディアムの導入に関して、最初は周囲の反応が大きくて、かなり騒がれましたが、今では多くのワイナリーが使っています。我々は伝統に従い、テロワールを尊重し、それを表現するようにしながら、モダンな技術を使い、新しいものを取り入れています。ファミリーの独立性があるからできることで、これにより新しい道を開いてきました。キューヴ38にも同じことが言えます」とコメント


フランス産仔牛ロース肉のヴィエナ風 紅茶(アールグレー)のソースをキューヴ38に合わせて。キューヴ38に感じる紅茶のニュアンスが生かされていた一皿



2種を利き比べながら、「ユニークなコンセプトであることはわかっていても、毎年毎年新しいワインを継ぎ足していくことで、変化も起こりました。アンリオが求めるシャンパンスタイルとして確信が持てたのは24年目です。ここまで長い時間待てたのはファミリー企業だったから」とド・ ラルズィエール社長


トリロジー・デザート(林檎、栗、苺)とアイスクリーム
ロゼのなかの赤い果実、タルトやブリオッシュのニュアンスとデザートの要素が重なり、幸せな気分!


故ジョセフ・アンリオ前社長の発想から生まれたシャルドネ100%、グランクリュ(シュイィ、アヴィズ、メニル・シュル・オジェ&オジェ)100%の『キューヴ38』は、アンリオ家が重視する〝フレッシュかつ複雑味〟を備えた比類なきシャンパンでした!
製品についてのお問い合わせ(株)ファインズまで ℡03-6732-8602

タグ:キューヴ38
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0