So-net無料ブログ作成
桜、さくら、sakura ブログトップ

2012年は憧れの吉野桜と・・・ [桜、さくら、sakura]

NHKのBSで、桜満開の世界遺産『吉野山』の鳥瞰映像を見て以来、憧れていた光景!!
.JPG
2012年の桜探訪は吉野山の桜情報を見ながら日程を調整、奥千本詣をしてきました。
当日は関西方面に詳しいM女医と一緒に90分近くウォ―キングを!

IMG_9658.JPG
近鉄吉野駅からロープウェイで3分、吉野山駅へ。桜との対面が楽しみ!

IMG_9683.JPGIMG_9661 .JPG
下千本の桜は土・日の風雨で散り果て~お部屋の横に古い樹齢の見事な桜があるのに残念~
25日、奥千本口のバス停からハイキングコースを開始しました! 
天気快晴、風おだやか、気温は予想通り27度になりそうな気配です。
まずは金峯神社までののぼり坂ですが、これが意外とキツイ

IMG_9662 .JPG
義経が弁慶と共に身を隠したといわれている宝形造りのお堂『義経のかくれ塔』に到着
思わず歌舞伎の『勧進帳』に出てくる義経主従一行の山伏姿を連想してしまいました。

IMG_9665.JPG

IMG_9663  .JPG

IMG_9666  .JPG
月と桜を愛した西行が3年間過ごしたという『西行庵』の表示板には4首が
■とくとくと落つも岩間の苔清水 汲みほすまでもなきすみかかな
■吉野山去年(こぞ)の枝折(しおり)の道かへて まだ見ぬ方の花をたずねむ
■吉野山花のさかりは限りなし 青葉の奥もなほさかりにて
■吉野山梢(こずえ)の花を見し日より 心は身にもそはずなりにき

IMG_9672.JPG
簡素な庵のなかの西行さんの像

IMG_9669 .JPG
桜の時期に訪問できた記念のワンショット、背後には西行さん!

IMG_9677.JPG
先の歌に登場していた苔清水

IMG_9676.JPG
ピュアな湧水、西行さんも飲んでいたのですね!
土日の雨の影響で道はまだぬかるんでいましたが、空気も水もフレッシュ、全く違います。

IMG_9679 .JPG

IMG_9681 .JPG
苔清水から少し下ると、きゃっ、見事な景観!  奥千本の桜を見ることができました!!

_.JPG
吉野山には伐採された桜が結構あって・・・年輪を重ねていますね

IMG_9656 .JPG
奥千本エリアのハイキングを無事終えて、ロ―プウェイで吉野駅に

.JPG
スタイリッシュな新型車両で京都へ

IMG_9693 .JPG
去年は4月20日に訪問し、息を呑むほどに美しかった仁和寺の御室桜でしたが、今年はアウト。
でも八重桜が満開でした!

IMG_9689 .JPG
今年はきれいに開花している淡緑色の桜、御衣黄(ぎょいこう)を見ることでき、シアワセ~

IMG_9702 .JPG
今日から鴨川をどりが始まりましたね。

IMG_9732 .JPGIMG_9704 .JPG
夜の先斗町、風情があります。

IMG_9747 .JPG
M女医はお仕事で早朝帰還、私はホテル前にある二条城からスタートして名残りの桜見物!

IMG_9754 .JPG

IMG_9746 .JPG

IMG_9743 .JPG

IMG_9750 .JPG
桜吹雪が本当にきれい!!!

_.JPG
北野天満宮に出て、少し早目のお昼、これは正解!
今回はどこに行っても修学旅行生ばかり、『たわらや』さんも然りでした。

IMG_9736 .JPG
久々の金閣寺でしたが、ここも海外からのお客さまと修学旅行生で超にぎやか!

IMG_9740.JPG
つかの間の静寂、お抹茶席だけは静か。金箔のついた干菓子でパワーアップ!

IMG_9741 .JPG
階段を下りて、私も帰路へ
今年も大好きな桜を見ながら・・・
さまざまのこと おもいだす さくらかな(松尾芭蕉)』の貴重な日々になりました、感謝!
タグ:吉野桜
nice!(15)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2011年の桜・・・滝桜への想い、圧巻は京都仁和寺の御室桜 [桜、さくら、sakura]

NHKの7時のニュースに出ていた福島県三春町の滝桜
大災害の最中にあっても、年に一度の晴れ姿を見せてくれた桜!
「三春の滝桜」は日本三大桜の筆頭格で国の天然記念物、樹齢千年の紅しだれ桜です。

三春町の滝桜の子孫樹
IMG_2567E.jpg
千代田線赤坂駅から赤坂サカスに通じる改札口の壁面に見事な桜の絵があります。
日本画家千住博さんの作品で、タイトルは「四季樹木図」です。

2008年3月30日付朝日新聞社会面「家族」の欄に、福島県の滝桜のお話が載っています。私はその記事を大事にしていますが、赤坂サカスのシンボルツリーになっている桜が、“滝桜”の子孫樹。ビニールハウスの中で発芽させ、別の桜の枝に接ぎ、「孫」となる桜を育てる仕事師、宗像宗光さんが丹精込めて生み育てた桜です。

2011年の桜、さくら、sakura
大好きな桜にはときめきを感じます。今年は短時間でしたが3年ぶりに京都の桜と対面することができました。圧巻は仁和寺の御室桜! これは画像で見るより肉眼のほうがはるかに迫力があります。御室桜は樹高が低いので同じ目線で風情を楽しむことができます。中学生の時、修学旅行でガイドさんが仁和寺の桜を「わたしゃお多福御室の桜」と説明していたのですが、語呂が良いので、そのフレーズはしっかり頭の中の残っていて、京都に行くたびにいつも「仁和寺、御室桜」と反芻していた私です。満開の桜からパワーをしっかり頂きました!

IMG_9474 .JPG
仁和寺の中門を入ってすぐ左側に素晴らしい御室桜!

IMG_9477 .JPG
その姿をアップで! 御室桜の開花はソメイヨシノより1週間から10日前後遅いので、京都の春の終わりを飾る桜になるそうです。

IMG_9492 .JPG
境内には200余株の桜が植えられているとのこと。
品種は10数種(有明、車返し等)あるので微妙に花びらの色や形が違います。

IMG_9493.JPG
御室桜の花園、きれい~、圧巻~

IMG_9494 .JPG
アップしてみると、ま~るい形、かわいいです!

IMG_9497 .JPG
コケも風情! 
御室桜の起源は平安時代にまで遡るそうです。

IMG_9507 .JPG
つつじも見ごろ、桜との競演

IMG_9529 .JPG
水面の花びらは“花いかだ”、地面に散った花びらはどう表現するのかな、趣きがありますね!

IMG_9508 .JPG
古都の桜はそれだけで雰囲気を感じます!

IMG_9516 .JPG
1本の樹に赤と黄の花心の桜があり、その愛らしさに思わず引き寄せられて

IMG_9531.JPG
雲海のようにひろがる風景、繊細な色の差が魅力的

IMG_9511 .JPG
五重の塔を背景にした紅しだれ桜

醍醐寺は豊臣秀吉の花見で有名IMG_9459.JPG
秀吉の紋を染め込んだ垂れ幕の赤と木々の緑のコントラストがきれいでした

IMG_9460 .JPG
金色で描かれた五三桐(ごさんのきり)の家紋

IMG_9463 .JPG
醍醐寺の八重桜は見ごろ

IMG_9469 .JPG
醍醐寺のしだれ桜

IMG_9473 .JPG
アップで見ると~かわいいピンクの花びら

上野不忍池の桜
IMG_9326 .JPG
上野公園には大勢のお花見客がいました。年に一度の開花ですものね

IMG_9328 .JPG
けな気さを感じさせるソメイヨシノ

地元にある桜の名所 世田谷観音の中の夢違い観音
IMG_9329 .JPG
嫌な夢を、良い夢に変えてくださるという観音様
3・11の後だったので、念入りにお願いをしてきました

仁阿弥道八(1783-1855)作の桜の器
IMG_9566  .JPG
サントリー主催の日本ワイン新ブランド発売に伴うプレス説明会がサントリー美術館ホールであったので、帰路、美術館へ!展示品のなかに気になる桜模様が!
昨年上野の美術館で見た道八の一連の作品「色絵桜楓文透鉢」、懐かしい気分でした

昨日(27日)我が家に届いた御室桜
IMG_9607.JPG
有明種は清楚で可憐なイメージです。一重の花びらなのですが、いくつかの花びらには・・・
めしべの変形かな、中に3枚の小さなかわいい花びらがあります

IMG_9605.JPG
アップで見ると・・・ハートみたい!
毎年きれいな花を咲かせて欲しいので、いつくしんで育てます!

桜に焦がれている私の今の夢は・・・吉野の山桜を見に行くこと♪

2010年の桜、さくら、sakura・・・ [桜、さくら、sakura]

おぼろ月と妖艶な夜桜@芭蕉庵に面した神田川沿い
今日は満月! でも雲が厚くてお月様は見えそうにありませんね~とブログに書いて・・・
20時過ぎに空をチェックしたら、あらら~、綺麗な満月が出ているではありませんか、幸せ♪ 

IMG_4065.JPG
27日、江戸の風情を残すエリア、関口芭蕉庵沿いの桜並木を散策しました

IMG_4072.JPG
見上げれば、なんとなんと満月を2日後に控えたお月様!
その日のnight、私と目白・太古八の女将の夜桜見物の素敵なknight になってくれたのは、
お月様、私は月がホント大好きです!! (少し引いて見ていただくと月がイイ感じです)
関口芭蕉庵については>>>http://kkubota.cool.ne.jp/sekiguchibashouan.htm


枝振りが座した位置にくる可愛い桜@砧公園ファミリーパーク
IMG_4083.JPG
桜と対話ができる距離って、気持ちがホントhappyになります!

IMG_4084.JPG
砧公園の中には1986年に開館した世田谷美術館があります。
イギリスのチャールズ皇太子と故ダイアナ妃が初来日したのも確か1986年。
当時皇太子だけが世田谷美術館を訪問なさっていたのですが、たまたま美術館に行っていた私は、
SPにガードされながらファサードにいらした皇太子のお姿を発見! すでに24年前になるのですね。

IMG_4087.JPG
28日、世田谷区&目黒区界隈に住むシャンパン講座の有志たちと出かけたお花見では、
各自が1本ずつ持参したシャンパンで優雅な時間を愉しみました。壮観な眺めでしょ(笑)
ボトルの後ろにある桜の樹を見てくださ~い。
枝が地面を這うように伸びているので、座った姿勢のままで、可愛い桜たちと対話ができるんです。
これはホント贅沢で素敵なひとときでした。願わくばもう少し暖かければ、もっと幸せだったのに~
砧ファミリーパークは>>>http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map004.html


気になる桜の季節限定ロゼ発見! + 博物館でお花見を!


nice!(10)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

赤坂サカスの滝桜 [桜、さくら、sakura]

借景の桜 2.JPG
12日から始まった我が家の屋根外装の塗装工事。
雨で少し長引いていた作業も30日には終わりそうです。
昨日、やっと外幕と足場がはずされ、外の景色が見れるようになったので、早速3階からいつもの借景、隣家の桜をチェックしてみました。
やったー、今年も見事なソメイヨシノの桜たち!珍しい鳥たちも飛んできて、桜の蜜を吸っていました。

こちらは東京の新名所『赤坂サカス』の紅枝垂桜、怖いくらいの桜です。
作者は千住博さん、春をあらわすのが滝桜なんですね。
「四季樹木図」は赤坂駅からの玄関口の壁面に描かれています。
IMG_2567千住桜.JPG

歴史と伝統の地に、さらなる新しい文化を「咲かす」
たくさんの坂のある「坂s」
来訪者の笑顔と想いと夢を「咲かす」
そして、約100本の桜を「咲かす」街ということで、赤坂サカスと命名されたとか。

河津桜、兼六園菊桜、天然記念物である福島三春町の「滝桜」の子孫樹「三春桜」もあるそうな、これは見てみたいです♪

【追加情報】
30日の朝日新聞社会面「家族」の欄に、滝桜のお話が載っていました。赤坂サカスのシンボルツリーになっている、あの“滝桜”です。
ビニールハウスの中で発芽させ、別の桜の枝に接ぎ、「孫」となる桜を育てる仕事師、宗像宗光氏。
滝桜は宗像氏が丹精込めて生み、育てた桜だそうです。素敵なお話でした♪
桜、さくら、sakura ブログトップ