So-net無料ブログ作成
日本酒・アルコール ブログトップ

数の子奮闘記<バルサミコ・ビアンコ編> シャンパンより・・・日本酒かな [日本酒・アルコール]

「ワインの歳時記」で過去2回にわたって、
数の子とシャンパンとのマリアージュを探求してきました。
http://www.asahi.com/food/column/wine_saijiki/TKY200801070235.html
http://www.asahi.com/food/column/wine_saijiki/TKY200801150201.html

先日、数の子を手に入れたので、期待のバルサミコ・ビアンコで下処理をして数の子をお出しに漬け込み、シャンパンとの相性を試してみました。

う~ん、生臭さが・・・
ビアンコは数の子を色白に仕上げてくれましたが、黒いバルサミコ酢と比べると、含まれているグルコン酸の量が大分違うようです。
黒いバルサミコ酢で下処理した数の子とシャンパンの相性はとても良く、生臭さを感じることなく、シャンパンを飲むことができたのに・・・ビアンコは残念ながら。

気を取り直して試した日本酒と数の子の組み合わせ、これはもう“文句なし”です。
やっぱり、数の子は日本酒が一番? 確かに良く合います、脱帽です!


エミリア・ロマーニャのバルサミコ・ビアンコ・サンテ・ベルトーニ(左)
須藤本家の純米吟醸「霞山」と数の子との相性は、「美味!」の一言です

とは言え、購入したバルサミコ・ビアンコは本当においしいお酢なんですよ。
私はもっぱら生野菜にそのままかけていただいていますが、勧めてくださった根本フード・コーディネーターは、「我が家では温野菜を和えたり、鶏肉や豚肉をソテーした後のフライパンに少し入れてソースにしたり、と手放せない調味料です。あるイタリアンでは、ボイルした蟹や海老を食べる際に、蟹酢のように使っていました」というメッセージをくださいました。
いろいろありがとうございました!


シンデレラワインの樽で熟成させた麦焼酎とキャビア [日本酒・アルコール]

昨日、(株)徳岡主催でヴァランドローのオーナー、チュヌヴァンさんとミュリエル夫人をゲスト
にしたプレス会見&ディナーが開かれました。
興味深かったのが、会見の最後に登場した麦焼酎『和音香(わいんか)』です。
これは福徳長酒類が製造したもので、ヴァランドローの使用樽を譲り受け、その樽で2年間
熟成させた焼酎、アルコール度数は38度です。
チュヌヴァンさんの「キャビアと合わせて」の主張を受け、会見場の全員にスプーン一杯のキ
ャビアが配られました。♪



焼酎はお湯割りや水割り、ロックで楽しみますが、今回の発想は、ウオツカの飲み方と同じ。
ここでは麦焼酎をマイナス10度に冷凍し、その状態でいただきます。ウオツカより、度数が低
いこともあり嫌味がなく、口あたりも上々でした。



チュヌヴァンさんは3月のボルドーのプリムールテイスティングの時に、ゲストにこの組み合わせ
でサービスすることを計画中とのことでした。すでにイラン産キャビアを2.5㎏も入手済みとか。
因みにキャビアはヴァランドローのワインと物々交換してゲットしたそうです、さ~すがです!!



麦焼酎『和音香』にご興味のある方は>>>こちら


満寿泉のワンちゃんボトルなんです! [日本酒・アルコール]

透明瓶の中になんとワンちゃんが!
富山県にある日本酒の蔵元『満寿泉』では、ブルゴーニュのドメーヌ・ラモネが使ったオーク樽で「純米大吟醸スペシャル」を造ることでも知られていますが、これは可愛い干支ボトル。中にダルメシアン犬が入っています! このボトルを扱っているイチノセトレーディングの一ノ瀬社長さんから、暮れにいただいたものです。
犬好きにお薦めしたい1本ですね。

http://www.masuizumi.co.jp/


nice!(1)  コメント(0) 
日本酒・アルコール ブログトップ