So-net無料ブログ作成
検索選択
スパークリングワイン ブログトップ

オバマ新大統領のためにも、ホワイトハウス、しっかりして!! [スパークリングワイン]

【最新画像&追記】
ラベル.jpg
私の親愛なる米国支局長が送信してくれた『Korbel Natural』のラベル画像です。
“Champagne”という表示、ありますね(2009年1月29日)

When Obama gives formal dinners at the White House, it is likely that only American wines will be served.
That policy began with President Lyndon B Johnson, who succeeded the assassinated John F Kennedy, who, with his wife, Jacqueline, had francophile tastes.
At the White House there is no formal wine cellar. Wines are purchased, and often donated, for specific events.
Decanterより抜粋
上記の記事で驚いたのは、ホワイトハウスにformal wine cellarがない!という部分です。


20日深夜はバラク・オバマ新大統領の就任演説の衛星中継に釘づけでした。全米各地から集ってきた人々の表情も明るくて、熱気にあふれていました。NY勤務のugeさんからも「米国ではオバマ氏の大統領就任式の話題で持ち切りです」というメールが届きました。
ホワイトハウスの公式ページにはランチョンメニューが書いてあります。カリフォルニアワインが並んでいますが、3皿目のデザートコースを見ると・・・気になる箇所が。
Korbel Natural "Special Inaugural Cuvee"
California CHAMPAGNE
 
香港返還の時も地元紙が「香港産シャンパンで祝杯」と書いたことで、CIVCの現地事務局が香港政府にクレームをつけたという出来事がありましたが、公式ページで“シャンパン表記”はマズイでしょ。

白ぶどうシャルドネ種.JPG
供出されたコーベル社のスペシャル・キュヴェは白ぶどうのシャルドネと黒ぶどうのピノ・ノワールを使い、瓶内2次発酵による製法で造られています。

1882年創立のコーベル社は米国でも古い歴史を有し、NYのタイムズ・スクエアで行なわれたミレニアムのカウントダウンのイヴェントでも公式スパークリングワインに選ばれています。今回デザートコースで出されたマグナムのスパークリングはコーベル社の特別ボトルで中味は『コーベル・ナチュラル』とか。日本での輸入元はサントリー(株)ですが、ブリュットのみの販売で、同種の扱いはありません。ランチョンの詳細は>>>http://www.reuters.com/article/lifestyleMolt/idUSTRE50E4YY20090115

選挙運動中からオバマ氏の演説の巧みさは評判でした。その裏には優秀な27歳の首席スピーチライター、ジョン・ファブローさんの存在があるようですが、ランチョンのメニュー発表に関しても、優れた“裏方”をおいて欲しいですね。
    *******************************************************************************************************************
CIVC:シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会。現在5,000の造り手すべてを総括し、世界13カ国に外国事務所を設けている。販売促進の活動ではなく、原産地名称保護、つまりシャンパーニュの名称を勝手に使われないようにするための業務を遂行している。

シャンパンとは:フランス北東部シャンパーニュ地方で、規定の品種(シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ)を使い、規定の製法(瓶内2次発酵)で造られた発泡性ワイン

ピュアでクリーンな印象のグリーン・ポイント [スパークリングワイン]

1986年、由緒あるシャンパン・ハウス『モエ・エ・シャンドン社』が、オーストラリアのヴィクトリア州ヤラヴァレーに土地を購入。栽培から醸造に至るまで本家のシャンパン造りそのままに素晴らしいスパークリングワイン('90年代後半からスティルワインにも着手)を生産しています。
>>>グリーン・ポイントのフィロソフィー

クリコ夫人が原型を考案したと言われるピュピトル  グリーン・ポイントのフル・ラインアップ
  

先日のカレッジ、第1回シャンパン編では定番シャンパン3アイテムの中に「グリ-ン・ポイント」の2002年ヴィンテージを入れて試しました。スパークリングワインの中でも相当の力があると確信していたこと、加えて4番目に出すことで、その実力を確認してみたいと思ったからです。

グリーンを含んだ輝きのあるイエローの色調、細やかな気泡、レモンやグレープフルーツ等の爽やかな柑橘系果実、蜜の風味やヴァニラ味のビスケット、白胡椒のようなスパイシーさ、熟成によってワインに溶け込んだ泡の舌触りはとても柔らかく上品でした。

酸の豊かさは④から逆に番号の若い順に戻ってテイスティングしてみることで、より明確に感じることができました。“ピュアでクリーンな印象”の素敵なワインだと実感しました。
だだひとつ、③のマムに感じたような“微妙な複雑味”をグリーン・ポイントから探し出すことがなかなかできなくて・・・。これは、シャンパーニュ地方に長く住み着いている “酵母”の違いなのかな、と思ったりしていた私です。


スパークリングワイン ブログトップ