So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第3級の途中から急な坂道を登る気分 <続き> [ワイン]



2日目は第3級と第2級です。予定通り11時からテイスティングが始まりました。前日からの軽快なリズムのままで、と思っていたのですが、これが大きな間違い。
当日の口開け、『マルキ・ダレーム・ベッケー』、『フェリエール』、『カロン・セギュール』と進み、次のフライトの『パルメ』あたりから、ワインの骨格が大きく変化してきたのを感じました。
緩やかなカーブが急な坂道に・・・「足元に気をつけないと転ぶよ」という感じです。

スーパー・セカンドの呼び名が高い『パルメ』、第2級の『コス・デストゥーネル』『デュクリュ・ボーカイユ』に関しては、丁寧な造りとポテンシャルの高さがあり、「いつ飲んでも期待を裏切らないワインである」と確信しました。同時に「やっぱり好きなワインである」ということも。

それから、この2日間で見つけたお気に入りは・・・第4級の『サン・ピエール』と、第3級の『マレスコ・サン・テグジュペリ1998』。『テグジュペリ』は山本先生が特別に'95も出して比較させてくださったこともあり、3年間の熟成の違いとワインの質、その変化が素晴らしく、初めて飲んだテグジュペリ・ファンになってしまった私です。ちなみに、ここは 『星の王子様』の作者アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの遠い祖先が購入したシャトーだそうです。
また、味わい&価格的にお薦めしやすいワインとしては、第5級の『ダルマイヤック』。これは飲みやすくて可愛いワインです。

最後にメンバーの大半が太鼓判を押したワインが、第2級のトップ、『ローザン・セグラ』。評価が超厳しい戸塚先生もお褒めのお言葉を! 「新樽の使い方が綺麗」とおっしゃっていました。
またまた、ちなみに・・・なのですが、ここは1994年から有名ブランドの『シャネル』が所有しています。財力はワインの質を変えることができる!!

【第2級】(14)
★ローザン・セグラ1998(マルゴー)
ローザン・ガシー2000(マルゴー)
レオヴィユ・ラス・カーズ(サン・ジュリアン) *「ボルドー格付シャトー60/1855-2005」掲載なし
レオヴィユ・ポワフェレ1998(サン・ジュリアン)
レオヴィユ・バルトン2000(サン・ジュリアン)
デュフォル・ヴィヴァン1998(マルゴー)
★グリュオー・ラローズ1999(サン・ジュリアン)
ラスコンブ2000(マルゴー)
ブラヌ・カントナック2000(カントナック)
ピション・ロングヴィユ・バロン1999(ポイヤック)
ピション・ロングヴィユ・コンテス・ド・ラランド1999(ポイヤック)
★デュクリュー・ボーカイユ1999(サン・ジュリアン)
★コス・デストゥルネル2000(サン・テステフ)
モンローズ1998(サン・テステフ)

【第3級】(14)
キルヴァン1999(カントナック)
ディサン1999(カントナック)
ラグランジュ1998(サン・ジュリアン)
ランゴア・バルトン2000(サン・ジュリアン)
ジスクール1998(ラバルド)
★マレスコ・サン・テクジュペリ1998(マルゴー)
ボイド・カントナック1999(カントナック)
カントナック・ブラウン1999(カントナック)
★パルメ1998(カントナック)
ラ・ラギューヌ2000(リュドン)
デミライユ1998(マルゴー)
カロン・セギュール1999(サン・テステフ)
★フェリエール1999(マルゴー)
マルキ・ダレーム・ベッケー1999(マルゴー)

今回、都合で、第1級(ラフィット・ロートシルト、マルゴー、ラトゥール、オー・ブリオン、ムートン・ロートシルト)はテイスティングできませんでした。近々山本先生から集合がかかり、同メンバーで試飲の続きをする予定です。その時は全神経を集中して、より詳細なデータをまとめ、Blogにアップしたいと思っていま~す。

*フランスで『ボルドー格付シャトー60/1855-2005』を発刊する際、当シャトーからの協力はなく、本書にはこのシャトーは掲載されていません。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 6

hako

サンテクジュペリ、覚えやすいですね。
怒濤の大比較試飲会記録、その都度参照させて頂きます。
by hako (2006-08-22 21:58) 

fumiko

覚えておいてお得なのは“スーパー・セカンド”、接待される時などに、ちらっと振ると良いかも(笑)。パルメ、コス、デュクリュー・ボーカイユは、要暗記♪
by fumiko (2006-08-22 22:53) 

uge

壮観ですねえ。やっぱり。
先生の★マークで98年、99年が多いのは、そのあたりはチャーミングな飲み頃ワインが多いということでしょうか。ローザン・セグラも99年あたりは安かった。。。
個人的にはラス・カーズが好きなのですが、政治的にもめたのでしょうかね?
by uge (2006-08-23 01:55) 

fumiko

ボルドーはある程度熟成してから飲んであげたいですよね。2000年は相対的に濃い印象でした。98年ヴィンテージではブラネール-デュクリュ(『味』に登場するワイン)やパルメが、99年ヴィンテージならデュクリュー・ボーカイユやポンテ・カネが好きでした。ラス・カーズは「我がシャトーは2級ではない」との思いがあるのでは。
by fumiko (2006-08-23 08:43) 

Wino

あ、すごいことやってますねー
ご相伴に預かりたいですねー。
2日で55シャトー。わたしもそんな贅沢なことやってみたい。。。
by Wino (2006-09-30 17:32) 

fumiko

winoさん、はじめまして。 nice!&コメント、嬉しいです♪
暑い盛りのボルドーテイスティングでは、フランスパン片手にワインを口に含んでは吐き出しを繰り返し(印象に残ったワインは少しは飲みました)、鏡を見ればお歯黒状態(笑)。
この貴重な2日間で多くのことを学びましたが、55シャトーを食事と一緒に楽しめたら、もっと良かったと思います。でも、そんな機会は・・・ないかも。
by fumiko (2006-10-01 16:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0