So-net無料ブログ作成

7回目の“アペリティフの日”in 東京、<トップ・テロワール>にもご注目! [食の話題]

フランス食品振興会(SOPEXA)配布の資料によると、アペリティフについて、
「ラテン語の“aperire(開く)”を語源とするアペリティフは、胃を刺激して食欲の扉を開いてくれるものであり、それと同時に人と人とのコミュニケーションを滑らかにし、距離を近づけてくれる豊かな時間でもあります」と説明しています。

発足のいきさつや過去の記録はSOPEXAのHPで確認することができます。アペリティフの日の素晴らしさの1つは、フランス共和国から農事功労勲章を受章している錚々たるグランシェフたちが一堂に会す場であるということです。そして彼らが創作するアミューズ・ブーシュ(一口ディッシュ)が楽しめること、加えて憧れのシェフがブースにいらっしゃれば直接お話ができることです。
農業水産大臣から与えられる勲章。1883年に創設された。同省がフランス農産物対外輸出、外国市場での販売促進、およびフランスの食文化の普及、特に功績のあったフランス人や外国人に授与する勲章。シュヴァリエ、オフィシエ、コマンドゥールの3等級あり

お邪魔した第2部では、ステージ上でシェフ&ゲストの紹介があり、“アペリティフの日”の親善大使任命式、カクテルコンクールの表彰式などが行われました。

IMG_4957.JPG
冒頭、服部学園理事長の服部幸應さんもあいさつの中でおっしゃっていましたが、
今迄で一番の好天気。野外イヴェントには打ってつけの日和でした♪ 
服部理事長いわく、
「料理がだ~い好きなシェフたちの個性豊かなアミューズ・ブーシュを存分に楽しんでください」

IMG_4975.JPG
(左から)
フランス農事功労章受章者リオネル・ベカ(ハイアットリージェンシー東京)
同ドミニク・コルビ(ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン)両シェフ、ゲストのパトリス・ジュリアンさん
人気キャラクターのリラックマちゃん

IMG_4967.JPG
2010年の親善大使は2名でした。
作曲・編曲家の千住明さんは自らを「時間を作る職人」と語っていました。
お好きなアペリティフはシャンパン、毎日1本は愛飲しているそうです。

IMG_4968.JPG
女優の川島なお美さんにとって6月3日は大事な日、結婚記念日だったとか。
1年前、イタリアでの挙式後、南イタリアまで足をのばし、そこで飲んだ「白ワインに桃を丸ごと入れたアペリティフに大感激」とあいさつ。すべてをフランス語でスピーチしていました。

IMG_4976.JPG
ルイ=ミシェル・モリス経済公使の音頭で乾杯!

IMG_4978.JPG
(右から順に)
SOPEXAアジア代表ジャン・シャルル・クルーアンさん、SOPEXA日本代表シャルル・デュランさん
農事功労章シュヴァリエ&オフィシエ勲章を受章している日本ソムリエ協会小飼一至会長
服部幸應理事長

IMG_4988.JPG
レストラン・パッションのアンドレ・パッションシェフ(中央)は上品かつ素敵な方でした!

IMG_4987.JPG
南仏出身のアンドレ・パッションさんらしくアミューズ・ブーシュは彩りが鮮やか

IMG_4983 .JPG
『ニュー・オータニ(伊佐武二シェフ)』のアミューズ・ブーシュはどんどんなくなっていきます~
残っていたのは大皿に盛られた赤と緑の対比が印象的なフード、まさに記録画像(笑)

IMG_4994.JPG
今年はなぜか緑色が気になって・・・
『ホテルオークラ(根岸規雄シェフ)』のブースはディスプレイもお洒落

IMG_4992 .JPG
『クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ(島田進シェフ)』で見つけたマカロン、美味でした!

IMG_4995.JPG
第2部恒例のカクテルコンクールでは女性バーテンダーの里見理恵子さんが優勝しました。
作品名は『Rossignolロシニョール ナイチンゲール(夜鳴鶯)』
夕暮れから美しい声でさえずり始めるナイチンゲールを表現したそうです。
里見さんにはフランス旅行がプレゼントされました!

IMG_4997.JPG
材料はウォッカ20ml、スーズ10ml、ピーチ・リキュール15ml、フレッシュ・ライム・ジュース10ml、
グリーンアップル・シロップ5mlをシェイクします。画像右がそうなのですが、これもグリーン!!

IMG_5000.JPG
ドリンクコーナーumu(屋内)ではトップ・テロワールを含むワインがすべて無料。
私はフランスの泡ものヴァン・ムスーを中心にいただきました。

IMG_5004 .JPG
ソムリエ協会のソムリエ陣も大活躍。鈴木培稚理事は東京と横浜の2都市を掛け持ち~

IMG_5013.JPG
トリコロールカラーのテントはこのイヴェントの名物になっています。
11月第3木曜日解禁のボージョレ・ヌーボー同様、6月第1木曜日のアペリティフの日も覚えてくださいね。今年は世界22ヶ国39都市で開催されたようですが、来年もより多くの食ファンにご参加いただけましたら幸いです♪


さて、SOPEXAの新しい試みトップ・テロワールがスタートしました。これはおいしいフランスワイン探しを指南するサイトで、フランス全生産地域のワインが対象です。各ワインは輸入元各社が生産地ごとにお薦めの1本をエントリーしたもので、それらがわかりやすい解説とともに掲載されています。500本以上がリストアップされていますので、ワイン選びの強い味方になるはずです。
nice!(17)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 17

コメント 15

fumiko

ほりけんさ~ん、チェック、ありがとうございました♪
学園祭のホットドッグの絵、可愛いかったです。

Wnoさんは平日お仕事なので、アペリティフの日は動けませんよね。


hatsuneさん、はじめまして。チェック、ありがとうございました!

by fumiko (2010-06-06 01:14) 

vientre-dolor

アペリティフ・・・・・お酒にピッタリの言葉ですね。
食前酒というイメージも湧きますが・・・。
by vientre-dolor (2010-06-06 01:56) 

fumiko

vientre-dolorさん、nice&コメント、ありがとうございます♪
>食前酒というイメージも湧きますが・・・。
はい、アペリティフは“食前酒”と解されていますが、
アペリティフの日のコンセプトとして、
飲み物、アミューズ・ブーシュ、楽しい会話の3つが必須
そう考えているようですよ。
by fumiko (2010-06-06 02:16) 

yuka

本当、こういう日はお外で!!が、楽しいですよね!!
去年、パッションに行く話があったのですが流れてしまいました・・・・。
ですが!パッションのシェフ、アンドレ・パッションさんカッコイイ!!
是非お会いしに行かなくては・・・。
by yuka (2010-06-06 17:33) 

fumiko

シェフyukaさん、一度はご参加なさいませ~
グランシェフが一堂に会するのは、東京会場だけですからね。
一芸に秀でている方には、やはりオーラがあります。


tokiさん、nice、ありがとうございます♪
by fumiko (2010-06-06 22:34) 

hako

緑色、確かに気になりますね。マカロン、美味そうです。
by hako (2010-06-06 22:38) 

fumiko

PENGUINGさん、チェックありがとうございました♪

hakoさん、チェック&コメント、ありがとうございました!
このマカロンはとても美味しかったです。
で・・・hakoさんにお薦めは<トップ・テロワール>のリストです。
講座の復習も含め、
この500以上のアイテムはお役に立つはずですよ♪

by fumiko (2010-06-06 23:06) 

shin

ステキ☆なイベントですね~、次回は行ってみたいな。

川島さんのご亭主の鎧塚さんや千住さん(博さん、真理子さん)
とはご縁があって交流があります。

皆さん、ワインがお好きな方達でしたね(笑)

Shin.

by shin (2010-06-08 05:59) 

hako

トップ・テロワール、ちょっと覗いて見ましたが、これは超お役立ちですね。
確かに、記憶力補完用のデータベースとして、最適です。
ご紹介ありがとうございました。
by hako (2010-06-08 16:36) 

uge

このイベント、過去2回ほど訪れているのですが、年々、おつまみ(食事)が豪華になっていくような。。。
当地での呼称は"Cocktail Hour day"。人前での飲酒は禁止なので、日本のような催しはなく、バーやレストラン、あるいはホームパーティーなどで楽しみましょうという主旨のようです。
by uge (2010-06-09 11:29) 

fumiko

しげさん、チェック、ありがとうございました♪

miyukimonoさん
半幅帯の文庫結びは結べますが、文庫はもう・・・無理そう(笑)

kojiさん、いつもご配慮、ありがとうございます!

ロボライターさん、お久しぶりです! チェックありがとうござました!!

shinさん、nice&コメント、ありがとうございました♪
川島&鎧塚ご夫妻、千住博&明ご兄弟(真理子さんを除く)とは、ワイン関係の催事でお目にかかることが多々ありますが、皆様本当にワイン好き。
博さんは甲州ワインのラベルを手がけていらっしゃるので、日本ワインのイメージですが、他の皆さんは特にシャンパン好きでは・・・

hakoさん、トップ・テロワールの価値に気付いてくださったようで。
これから大いに活用なさってください♪
by fumiko (2010-06-09 11:33) 

fumiko

なんとugeさん、4分違い!
NYでも同時開催でしたね。
へ~、アペリティフの日ではなく、"Cocktail Hour day"ですか
このイヴェントはシェフが主役なので、年々、アミーズ・ブーシュにも力が入っているような感じです。

by fumiko (2010-06-09 11:44) 

ロボライター

あたたかいコメントをいただき、ありがとうございました。
by ロボライター (2010-06-10 10:48) 

REI

こんにちは!
日本は色々なイベントが行われて楽しそう&勉強になりそうです。
アペリティフはだんだん日本でも広がってきましたが、
ここシチリアにはマルサラワインやパッシートのように美味しい食後酒がたくさんあります。
日本人はアルコール分解酵素の分泌が少ない、、、と言われますが、
食後酒が日本に定着する日がいつかやってくるのでしょうか、、、、。
なかなか難しいですよね、きっと。
by REI (2010-06-11 00:33) 

fumiko

たかっぴさん、はじめまして。チェックありがとうございました!

mwainfoさん、nice、ありがとうございます♪

REIさん
イタリア・シチリアでもサッカーW杯応援は盛り上がりそうですね。

日本ではアペリティフはいい感じで浸透していますが、食後酒は徐々に・・・という感じです。
私もアルコールに強いという体質ではないので、食後酒まではなかなか。
マルサラやパッシートを試飲ではなく、食後にしっかり楽しめるようになりたいです。

by fumiko (2010-06-11 10:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0