So-net無料ブログ作成

Jacob's Creek "WA"、ジェイコブズ・クリークの[わ] [ワイン]

毛筆の[わ]の曲線が好き
IMG_8017 (3)  .jpg
ボトルを見た瞬間、「撮らせてください! 」と言って、即、撮影モードに
テイスティングをするより、物撮りのほうが先というのは、ホント、今までになかったことです。

今回も専門家審査員としてお手伝いさせていただいた日本で飲もう最高のワイン2013@椿山荘東京の公開テイスティング会場での出来事でした。
一目ぼれして、“ジャケ買いしたい”と思ったワインは、豪州・南オーストラリアにあるジェイコブス・クリークワイン[わ]で、 品評会ではシルバーメダル(愛好家審査員)を受賞していました。小売価格は1600円(税別)の値頃感のあるワインです。
素性を調べたら、なんと、国・内外で活躍中のデザイナー、コンセプターの坂井直樹さんと銀座寿司幸本店の4代目杉山衛料理長がかかわっていることがわかりました。私は日産のBe-1やパオのボディラインが好きだったのですが、[わ]に惹かれたのは、同じ空気感があったからかも。

今年2月、ペルノ・リカール・ジャパン(PRJ)のジェイコブス・クリークを担当している代理店から、「2月に新製品発表のプレスランチョンがあるのでおいでください」とのお誘いを受けました。上海出張と重なっていて残念ながら参加できませんでした。その後、代理店側からも新製品ワインの案内が届かなかったので、そのまま忘れていましたが、その時のワインが[わ] で、3月の発売から4か月過ぎて椿山荘東京で出逢えたというわけです。

ワインのこころには、霜降ステーキにレモン油と塩を使った相性を書いています。これはお寿司や魚介類に合わせて楽しむワインというのが、[わ]のコンセプトなので、マグロの炙りを連想、そこから霜降ステーキを考えました。 料理との相性がいろいろイメージできるワインです。このワインはしっかり冷やして飲んでください。

公開テイスティング会場で挨拶させていただいたPRJのポール・サマーズさんは、[わ]の開発の要になった方なのですが、ポールさんによると、お寿司以外で杉山料理長お薦めの一品は「カニの黄身酢和え」とのことでした。

来週半ば、[わ]と黄身酢和えに挑戦してみます。
手順等、綺麗な画像を撮って、拙ブログに追記します!

[わ]とタラバガニの黄身酢和えとの相性は絶妙
[ぴかぴか(新しい)]8月21日追記、尊敬している和食店の女将に“カニの黄身酢和え”のレクチャーを受け、[わ]との相性を試してみました。相手に寄り添う[わ]の口当たりの良さは素晴らしいです。口中に生臭さ等は一切感じません。余韻に広がるカニの甘さと、黄身酢に加えた微量の溶き辛子の風味がふわっと鼻孔から抜けていく感じが好印象でした。今の時期はカニより、タコなので、女将は2種の黄身酢和えを作ってくれました。勉強になりました、ありがとうございました!!

.jpg
女将から教えてもらった簡単“黄身酢”の作り方
(1)小鍋に白みそ大さじ2、卵黄1個を入れ、小さな泡だて器で混ぜる
(2)(1)に砂糖小さじ1 (1/2でも良い) と ひとつまみより少ない量の塩を加え、とろ火にかける
練り続けることで、空気と触れ合い、色合いが美しくなってくる
(3)上記に酢小さじ1、薄口しょうゆ2~3滴加え、さらに練る
(4)仕上げに、みりん小さじ1/2、溶き辛子をほんの少々加えて完成
温度が上がると卵黄が固まってしまうので、温度調整用に濡れ布巾を用意しておくと安心

IMG_8173 (2)  .jpg
お寿司と[わ]のマリアージュは、銀座寿司幸本店の杉山衛料理長とのコラボだけあって、
さすがでした、大いに納得できました!

2007年の訪問ではお寿司が
JCIMG_4620 (2)  .jpg
2006年と2007年の2年続きで豪州取材に出かけ、ジェイコブス・クリークにも2度伺いました。
そこで、バックアップしてあった2007年当時の画像を見てみると・・・

IMG_4628 (2).jpg
おもてなしディナーの時に登場していたのが、この“巻もの”

IMG_4636 (2).jpg
お抱え女性シェフが作ってくださったのですが、ジェイコブス・クリークではかなり昔から、和食に興味を持っていたようです。和食に合うワインについても考えていたのですね。
nice!(16)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 16

コメント 9

tsworking

素敵!!
本当に日本に対して造詣が深くなければ、こうしたことは出来ないですよね。fumiko様が凄くわくわくしたお気持ちが良く伝わってきました♪

日産パオ・Be-1もなかなか見かけなくなりましたね。
by tsworking (2013-08-16 10:01) 

fumiko

tsworkingさん、コメントありがとうございます。
ジェイコブス・クリークのこのプロジェクトは本当に素晴らしいものです。
また、守備半範囲の広いワインなので、それも嬉しいです。
by fumiko (2013-08-20 19:43) 

macinu

ジャックの「わ」素敵ですね~!!私もこのような美しい字が書けたらいいのですが本当字が汚いです~!!(^o^)v
by macinu (2013-08-21 09:01) 

fumiko

macinuさん、たくさんのチェックありがとうございました!
[わ]は、ダシ系、酸味系、塩味系等、守備範囲が広いので、
macinuさんのまかない料理と合わせるのは楽だと思います。
問題は字の上手下手ではなく、料理の腕前なので(笑)
by fumiko (2013-08-21 11:03) 

gillman

このラベルも好いですねぇ。いかにもお寿司とぴったりマッチしそうです。

by gillman (2013-08-22 10:29) 

fumiko

gillmanさん、お惣菜等、和の世界に馴染みます。
gillmanさんには絶対にお試しいただきたいです!!
by fumiko (2013-08-22 12:02) 

今造ROWINGTEAM

わかります!

「わ」という字は自分の名前の「ね」と
同じ字体(?)なので
とても好きです。雰囲気が柔らかい感じが
いいと思っています((´∀`*))

それにしても美味しそうなお料理!
ワインと寿司、経験したことがないです~。
ワインと寿司が合うんだと驚いてます。

★ねね★

by 今造ROWINGTEAM (2013-08-22 17:01) 

fumiko

ねねさんの「ね」と「わ」、最後のしっぽのところが違うだけ!
かわいい曲線ですよね。
>ワインと寿司、経験したことがないです~
では是非! 
守備範囲の広いワインで、かつ、1600円というのは素晴らしいことです
よ~く冷やして召し上がってくださいねね(笑)
by fumiko (2013-08-22 20:04) 

旅爺さん

わは和にもつながる素敵な字ですね。
わに絡むいろんな料理もありそうですね。
by 旅爺さん (2013-08-24 19:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0