So-net無料ブログ作成

フランクフルト空港での乗り継ぎハプニング!! [Wine Summit2019]

フランクフルト空港で・・・あらら


2年毎に開催されているWine Summitの取材で今年も大好きなオーストリアに!
オーストリア航空が2018年成田、2019年2月に羽田直行便を再航したので、今回は羽田からのフライトを願っていたのですが・・・3ヶ月前に届いた招聘元AWMB(Austrian Wine Marketing Board)からの提案は、ドバイ経由のエミレーツ(938.03€)、フランクフルト経由のルフトハンザ(1353.92€)、直行のオーストリア(2386.27€)の3案。でも直行便は超予算とのことで実現ならず[ふらふら]
結果、消去法でルフトハンザに。評判も良く、足元に余裕のある座席も確保できたので、ひとまず安心していました。

フランクフルト空港での乗り継ぎ時間(65分は気がかりでしたが、AWMBが信頼する旅行社から「大丈夫」とのお墨付きがあったのでそれを信じて。

当日、14時5分に羽田を発ち、18時45分にフランクフルト着。即、19時50分発の6338便に乗り継ぎです。
入国審査のゲートには、あらら~予想外の人、人、人、長蛇の列。「時間がない!」と直訴しても、荷物検査で「乗り継ぎ時間が迫っている!」と主張しても、係官の態度は変わらず、信じられない成り行きに唖然。
すべての検査が終り、「A24のゲートまで何分かかるか?」と質問すると、「ここから10分!」と!
え~っ、完全に間に合わない! 
ゲートに到着した時はまさにフライト時間、海外取材で初めての出来事、アンビリーバブル!
女性係官から、「ルフトハンザのインフォメーションセンターに行って、次の便を手配してもらいなさい」とのアドヴァイスを受け、再び、なが~いロビーを逆戻り。


インフォメーションセンターにも順番待ちの人が多く・・・皆さん、乗り遅れ!?
20分待って私の番に。いくつかの質問を受けた後、別便に乗れることになり、心底安堵[わーい(嬉しい顔)]

スーツケースの確認。加えて、AWMBが手配してくださっていたタクシードライバーにも「到着時間が遅れる旨」の連絡がついて、トリプル安堵。ウィーン空港では遅い到着だったにも関わらず、ドライバーさんが待っていてくれました、ホント感謝、感謝!

往路の予期せぬ顛末は、結果オーライでしたが、トレードマークにしていたスーツケースベルトがなくなっていたのは、何とも腑に落ちぬ事態。しっかり締めていたのに、なんで取れるの、という感じです。
まぁ、厄落としと思えば、ね



今回の体験で、フランクフルト空港の印象は、全然良くないですが、ルフトハンザの機内エンターテイメントで、お気に入り映画『ボスベイビー』を観て、バカ笑して、気持ちの転換をしてきました!
教訓:フランクフルト空港での乗り継ぎは、余裕を持ってが一番、90分は必要です!

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。