So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
NHK文化センター青山教室 ブログトップ

第2弾 ワインで巡る世界ツアー“カリフォルニア・ナパの魅力”全開リポート! [NHK文化センター青山教室]

9月12日、エクスペリエンス・ナパ・ヴァレー(ENV)の同行取材を反映させたナパ講座@NHKカルチャーを開催しました。世界を驚愕させたパリ・テイスティング、地球環境への取り組み、ワインと料理のペアリング等、たっぷりの内容で進めさせていただきました。

数字でみるナパヴァレー


・ナパヴァレーはロスまで579km、サンフランシスコまで77km、太平洋まで58km
・広さは仏ボルドーの8分の1
・細長い盆地形で、南北に約50km、東西に約8km
・世界の全ワイン生産量の0.4%、カリフォルニアワイン全生産量の4%
・ナパヴァレーAVA(アメリカ政府公認葡萄栽培地域)が認定されたのは1981年
・ナパヴァレーには33の土壌体系が存在し、土壌の種類は超100種
・ナパヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)に加盟しているワイナリーの78%が年間10,000ケース以下の少量生産者
・ナパヴァレーの95%は家族経営
・1968年に成立したナパヴァレー農業用地保護法は、農場用地として用途を定めて土地を確保するという米国初の保護法
・700万ケース以上のワインはナパ・グリーン認定ワイナリーで生産
・NVVの2020年の目標:すべての対象ワイナリーがナパ・グリーンを取得すること!


供出したのは泡もの、白ワイン2、赤ワイン3の6アイテム

立体地図も使って

ナパヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)作成のAVA(アメリカ政府公認栽培地域)地図
特別貸出の立体地図で山のエリアやヴァレーフロアも一目瞭然

ご参加くださった皆さまと

画像協力:Toshiaki HAKODA
NVVへの報告のための記念画像
ご一緒してくださった皆さま(全員揃わなかったのがちょっと残念)、ありがとうございます!

歴史あるスパークリングワインの生産者シュラムスバーグ

#1シュラムスバーグ ブラン・ド・ノワール ノース・コースト
19世紀半ばにヤコブ・シュラム氏によって設立したワイナリー。ブラン・ド・ノワールがリリースされたのは1967年で、アメリカ初のブラン・ド・ノ・ワールということで話題になりました。瓶内2次発酵による製法で、主たるぶどうはカーネロス(ナパ・ヴァレー)とアンダーソン・ヴァレー(ソノマ)のピノ・ノワール90%で、そこにフレッシュさを出すために10%のシャルドネをブレンドしています。フルーティーで軽快な味わい、グアヴァやアプリコットのような果実感、口中に心地良い酸が長く残ります。
輸入元:ワイン・イン・スタイル 参考小売価格5,300円(税別)


photo by Shizuka WAKASHITA
定員プラスの盛会、ありがとうございました!

白ワインはSBとCH比較
(左から)
#2:ホーニッグ ソーヴィニヨン・ブラン ナパ・ヴァレー2017
#3:ケークブレッド シャルドネ ナパ・ヴァレー2016



Honig ホーニッグはドイツ語で"蜂"の意味。表ラベルの中央に蜂が描かれています。1964年にラザフォードにあった牧場を購入してぶどう栽培を開始します。当初はぶどうをワイナリーに売るだけでしたが、1980年にワイン生産を開始。翌年ワインコンクールでソーヴィヨン・ブランが金メダルを受賞したことから、本格的なワイン造りに着手。カベルネ全盛のナパにありながら、ソーヴィニヨン・ブランの受賞経験が多いワイナリーです。自社畑はすべて環境保全型農法を採用。毎年何千ドルもの電気代が節約できる大規模太陽光発電や巣箱の設置など、環境保全の取り組みでは、リーダー的存在。現在NVV理事会の会長職を務めています。ホーニッグでは養蜂も行っており、蜂の巣箱には6万匹が生息、ワイナリーでは高品質な蜂蜜も生産しています、美味!


photo by Toshiaki HAKODA
裏ラベルにはオーナー宅から眺めたラザフォードのぶどう畑が描かれています。
透明ボトルならではの効果、これって江戸の粋に通じるものがありますね。
輸入元:(株)中川ワイン 参考小売価格:3,500円(税別)

3月に来日したブルース・ケークブレッドCEO

photo by Fumiko AOKI
来日時のセミナーでは、2016年と2017年のバレルサンプルを使って、畑や醸造の違いがワインの味わいにどのような変化をもたらすかを検証しました。2016年ヴィンテージのシャルドネが出てきて、機械摘みと手摘みの比較試飲をしました。
それから・・・3ヶ月後、ナパでブルースさんと再会できました!

ケークブレット・セラーズの創業は1973年、ラザフォードが拠点で現在ナパヴァレーとアンダーソン・ヴァレーを併せて約445㌶の自社畑を所有、うち、約224㌶にぶどうを植樹しています。ファミリー経営が95%を占めるナパらしく、、栽培から販売まで創業者のジャック夫妻と二組の息子夫妻が取り組み、緻密な作業を重ね、ワールドクラスのワイン造りで高評価を得ています。

シャルドネ2016はナパヴァレー91%、オークノール9%の畑のシャルドネをブレンド。醸造はすべて手摘み。全房で圧搾、フリーラン・ジュースをフレンチオークで発酵。アルコール発酵後、22%MLF、シュル・リーで8ヶ月熟成、フレンチオーク100%(新樽34%)で定期的に撹拌。イエローカラー、第1香に樽由来の風味、リンゴや白桃、アカシア、口中クリーミー、酸もソフトで、全体にまるみのある印象、熟成による変化が楽しみな魅力的なワイン。バターソースを使った料理に最適。
輸入元:ジェロボーム 参考小売価格:7,800円(税別)



熟成による変化が出ているジンファンデル、深みのある色調のメルロ、パープルカラーのCS


photo by Toshiaki HAKODA
(左から)
#4ガーギッチ・ヒルズ・エステート ジンファンデルエステート・グロウン ナパ・ヴァレー2012
アメリカを代表するジンファンデル、私の好きな品種です。なかでもガーギッチのそれはエレガントなので気に入っています。ラベルの左下にはワイナリーの創設者マイク・ガーギッチさんの故郷クロアチアの国旗が刷り込まれています。ENV2018のプロローグにも書きましたが、ガーギッチさんはワイン界に大旋風を巻き起こした1976年のパリ・テイスティングで、白ワインのトップに選ばれた『シャトー・モンテレーナ・シャルドネ1973』を手掛けたワインメーカーです!

ナパ訪問初日、ガーギッチさんの愛娘バイオレットさんとお目にかかりました。その時に「クロアチア出身の父がナパに来て、初めての朝、目の前にあるぶどう樹(ジンファンデル)が、クロアチアのプラーヴァッツ・マリに似ていたので、父はこのぶどうがクロアチアの樹に違いないと思いました。その後、長い年月をかけて、UCデイビス校がDNA鑑定を行い、ジンファンデルのルーツがクロアチアであることが判明しました。ジンファンデルは私たち家族の思いが詰まったぶどう品種です」と語っていました。

ガーギッチのジンファンデルは軽やかでエレガント、酸もきれいで果実味があり、どのような料理にも合わせられるのが特徴なので、赤ワインが苦手と言う方にも勧められるワイン、というのがバイオレットさんのメッセージ! 今講座でファンが増えると本当に嬉しいです。

ちなみにUCデイビス校とザグレブ大学の調査団が、クロアチアのプラーヴァッツ・マリのDNA鑑定をした結果、プラーヴァッツ・マリはジンファンデルとクロアチアのドブリチェッチの子供であることがわかりました、親子の関係です。その後、2001年12月に、ジンファンデルと同じDNAを持つツュリエナック・カシュテランスキ種が発見され、ジンファンデルのルーツがクロアチアであることが証明されています。

ジンファンデル2012のぶどう品種はジンファンデル98%、プティ・シラー2%、フレンチ大樽15ヶ月熟成。ベリー系果実、白胡椒、ソフトな酸味。味わった後、果実の厚みと喉の奥が温かくなるほどのアルコール(15.5%)を感じますが、果実味、酸味とのバランスが良いので、おいしい着地となって完結するワインです。
輸入元:ワイン・イン・スタイル 参考小売価格:6,900円(税別)


#5:ダックホーン メルロ ナパ・ヴァレー2014
1976年にダン・ダックホーン&マーガレット・ダックホーンが設立したダックホーン・ヴィンヤーズ、四半世紀にわたり、ボルドー品種のワイン生産者としての地位を築いてきました。なかでもメルロに関してはカリフォルニアワインの第一人者として君臨。トップヴィンヤードのスリー・パームス・ヴィンヤーズ2014は昨年WS誌の年間TOP100ワインの第一位に選ばれています。ワインメーカーは2003年に入社して以来、醸造チームの元で修業を積んできたレネー・アリ女史で2014年から就任。

メルロ2014はメルロ88%、カベルネ・ソーヴィニヨン7%、プティ・ヴェルド3%、カベルネ・フラン2%のブレンド。フレンチオーク(新樽率40%、一年使用樽60%)で16ヶ月熟成。2014年はグッド・ヴィンテージ、深みのあるガーネット、黒系果実のプラムやダークチェリー、なめし皮、黒胡椒、モカ、ダークチョコレート、やさしい酸味とシームレスな口あたり、フェミニンな印象。
輸入元:(株)中川ワイン 希望小売価格:7,900円(税別)


#6:コリソン カベルネ・ソーヴィニヨン2014
コリソンはカリフォルニアを代表する女性醸造家キャシー・コリソン女史が1987年にセントヘレナに立ち上げたワイナリー。コリソン女史は2011年、サンフランシスコ・クロニクル紙のワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選出されています。トップレンジはコリソンの最上級畑クロノス・ヴィンヤードから造られる『ナパ クロノス ヴィンヤード カベルネ・ソーヴィニヨン』

コリソン2014は土壌に由来する果実味が豊か、活き活きしたしなやかさがあります。ぶどうはラザフォードからセント・ヘレナまでの3つの畑のブレンド、なかでも自社畑のサンバスケットはナパの伝説的ワインメーカーであるアンドレ・チェリチェフが1950年代初頭にカベルネを植樹した歴史的な畑。同じく自社畑のクロノスは樹齢50年のカベルネがあり、ナパヴァレーで最古カベルネの畑と言われています。
ステンレスタンクでコールドソーク(10度程度で低温浸漬)させた後、温度をあげて自生酵母で発酵させ、フレンチオークで26ヶ月間(新樽率25%)熟成、瓶詰は2017年1月。
紫色を感じる若いワイン、ラズベリー、プラム、ブラックチェリー、ココア、スミレ、ローズマリー、甘草、スパイス、ダークチョコレート、タンニンは木目細やか、中盤以降酸のニュアンス、複雑味があり、味わいが層になって広がってくる印象、大きめのボルドーグラスで味わうのがお勧め。

女性醸造家&2014年ヴィンテージという共通点があったダックホーンのメルロとコリソンのCSの比較試飲は興味深く、ともにフィニッシュに独自に優しさ(フェミニンさ)があり、女性ワインメーカーならでは、と実感。
輸入元:JALUX 参考小売価格:14,000円(税別)


NVVが得意とするペアリング体験も

バジル、レモン、お塩、チョコレート、リンゴを準備

〝ワインを買う時はリンゴをかじりながら、売る時はチーズを勧めながら〟の体験!
レモンもお塩もワインをマイルドにしてくれる優れもののブリッジ(つなぎ役)食材です。
まず、リンゴをかじってから、#6を飲むと相性は最悪、口のなかは渋み&苦みの大洪水になります。そこで、テキーラを飲む要領で、手の甲にレモンを2~3滴たらし、そこにひとつまみの塩を加えて、再度、赤ワインと合わせてみると、なんと口中がさっぱり!
レモンと塩によって、苦みを増大させていたタンニンがきれいに緩和されたのです。

お次は、若下ディレクターのチョコ編!
「チョコをひと口味わった後、赤ワインを飲んでみてください。相性が今ひとつを思った時は、ひとつまみの塩をチョコに少し乗せて、同じことをしてみてください」との提案が。あらら、ここでも、皆さん、びっくりのお顔! 
チョコレートにも赤ワインにもポリフェノールが含まれているので、基本的に相性は良いのですが、タンニンの濃淡やワインの熟成具合によっても違うので、そんな時のお助け役としてお塩が重宝します!

ナパ到着初日のピザ作りを思い出しながら


現地で体験したピザペアリング・ウェルカムディナー@ガーギッチ・ヒルズ・エステート
ナパではガーギッチのジンファンデルをトマトソースベースのピザを作り、相性診断

今回皆さんに出来立てのピザを味わっていただきたかったので、講座初の宅配ピザ(同じ味で生地だけ異なる3枚)を用意しました。米国系のピザハットやドミノピザでなくてsorry



ピザに添えられていたバジルだけをかじって、その後に#2ホーニッグのソーヴィニヨン・ブランを味わうと、これが見事に相乗。ハーブ系のニュアンスと一体感を示してくれました。トマトソースベースのピザにバジルを添えると白系ワインに、ピザに同梱されていたレッドペッパーを添えると今度は赤系ワインに、という流れになることがわかり、2方向からマリアージュを楽しむことができました。ここでは当然チーズが活躍しています。

ちなみにピザーラはフォーシーズグループが運営しており、フレンチレストラン『ジョエル・ロブション』も同グループです。



最後にクイズ、出題者は若下ディレクターです!
2時間の講座で話した内容から一問。挙手により、一番早く正解した方にガーギッチの『ジンファンデル2012』をプレゼントさせていただきました。
今講座のためにご協力くださった輸入元各社さま、NVVの若下ディレクターにこころから感謝いたします。
ありがとうございました!!
ENV2018同行取材リポートはこの後、ブログに順次アップしていきますので、よろしくお願いします。


第3弾のワインで巡る世界ツアーはシャンパーニュへの現地ツアーです
お蔭さまで超定員になりました、ありがとうございました!!!
2019年に行う第4弾も、ワインラバーさんをワクワクさせる内容にしたいと思っています。
引き続き、よろしくお願いいたします!!

タグ:ENV2018 Napawine
nice!(11) 

ワインジャーナリスト青木冨美子と行くシャンパーニュの旅 [NHK文化センター青山教室]

ワインで巡る世界ツアー”の第2弾ワイン界に変革をもたらしたカリフォルニア・ナパの魅力を探るもお陰様で満席になりました。ありがとうございます!
6月に現地取材してきたナパの最新情報、多様性に富んだナパの魅力を6種のワインを利き酒しながら、皆さまにご体感いただきたいと思っています。
9月12日、何卒よろしくお願いいたします。

第3弾はシャンパーニュの素晴らしいメゾンへ


本日はその第3弾をインフォメーションさせていただきます。
7月初旬から、企画していた案をメゾンや輸入元様に打診し、日放ツーリスト(NHKの外郭団体)の担当赤羽美和課長と打ち合わせを重ねることで、私のイメージを形にすることができました。
訪問するのは6メゾン 
~シャンパン界の次世代を担う旗頭レコルタン・マニピュランの『タルラン』、美しい女性当主の名を冠したロゼを産する『ローラン・ペリエ』、通好みのシャンパンハウス『ドゥーツ』、アール・ヌーヴォーの巨匠エミール・ガレの作品や19世紀末の芸術品に囲まれた優雅な『ペリエ・ジュエ』、英国の名宰相ウィンストン・チャーチルが愛した『ポル・ロジェ』、12世紀のセラーを所有し、独自性を貫く『ドラピエ』~
昨日、日放ツーリストのHPにもアップされました。

【御礼】 (追記2018年8月31日)
〝ワインジャーナリスト青木冨美子と行くシャンパーニュの旅〟の申込みは本日受付を終了いたしました。定員超につき、予定通り、ツアーを行います。ご応募くださったシャンパンラバーの皆さまに心から御礼申しあげます。200%の満足度を感じていただけるように私も頑張ります。
ありがとうざいました!

引き続き、よろしくお願いいたします!

nice!(7) 

ワイン界に変革をもたらしたカリフォルニア・ナパの魅力を探る@NHK文化センター青山校 [NHK文化センター青山教室]

『ワインで巡る世界ツアー』の第2弾はカリフォルニア・ナパにフォーカス!


今年の新たな試みとして〝ワインで巡る世界ツアー〟と題した単発講座を開催しています。
初回は日本でも人気上昇中のポルトガルに注目し、講座生の皆さまを“大西洋の真珠”と称されるポルトガル領マデイラ島に誘いました。
皆さまから「目からウロコ体験をしました!」とのお声をたくさん頂戴し、私もとても嬉しいです!

さて、その第2弾ですが・・・今回は6月に現地取材してきたナパにフォーカスします。
帰国後、ブログにダイジェスト版のナパ情報をアップしていますが、講座では多様性に富んだナパの現状と6種のナパワイン(今、マリア―ジュも考えています)を味わいながら、その魅力を体感していただきます。

IMG_3867.JPG

講座の前半で基本的な知識、後半のテイスティングでは白ワイン2種、赤ワイン4種を利き比べます。世界のワイン界を驚愕させたナパワインは、わかりやすい点も特徴のひとつなので、今回は時に「ワインは難しくて・・・」と躊躇なさっている方に、ご参加いただけると嬉しいです!

【案内】
日時:9月12日(水) 19時~21時
定員:20名 満席(キャンセル待ち登録可)
会員/受講料:4,492円、教材費:3,200円(税込)
一般 (入会不要) /受講料:5,173円、教材費:3,200円(税込)
[イベント]詳細はNHK文化センター青山校のワイン界に変革をもたらしたカリフォルニア・ナパの魅力を探るをご覧くださいませ!
皆さまの参加をお待ちしております、どうぞよろしくお願いいたします。

協力:ナパヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)
nice!(7) 

デュヴァル=ルロワのジュリアン来日!! プレスランチセミナー&シャンパン講座でプレシャス・パーセルにフォーカス [NHK文化センター青山教室]

【第1部】デュヴァル=ルロワプレスランチセミナー@アルカナ東京

シャンパーニュ デュヴァル=ルロワから6代目で専務取締役のジュリアン・デュヴァル=ルロワさんが来日して、メゾンのポリシーを具現化したキュヴェ『プレシャス・パーセル・シリーズ』をテーマにプレスランチセミナー@アルカナ東京を開催しました。
同メゾンは環境に配慮したワイン造りにいち早く特化し、社会・文化活動への積極的なサポートなど、常に業界をリードする先駆的な活動を続けています。

クロ・デ・ブーヴリーのシャンパンとぶどう畑


3.3Ha.jpg
photo by Fumiko

選び抜かれたプレシャス・パーセル・シリーズ

(左から右に)
#1:クロ・デ・ブーヴリー2006
同じ場所、同じ製法、同じ品種なので、違いは気候のみ。気候の変化がワインに与えた影響を素直に表現したアイテム
#2:プティ・メリエ2007
忘れられたぶどう品種の復活
#3:キュミエール2005
有機栽培によるピュアなピノ・ノワール
#4:ブジー2005
シャルドネの対極にあるぶどう品種


グラスは右から左の順に#1~#4


#2のプティ・メリエはシャンパーニュ地方のマイナーな白ぶどう品種で、デュヴァル=ルロワでは「酸味の強さが特徴で、ルバーブのアロマがアルコール発酵によって白イラクサの香りになる」と表現しています。野菜のニュアンスがあるので、ここでは白とグリーンのアスパラガスに合わせて相性を楽しみました。


200度のオーブンで焼いた温野菜の甘味、旨味が10年以上の熟成を経たアイテムと相乗

最新アイテム『エクストラ・ブリュット』

2年前にデビューしたエクストラ・ブリュット・プレスティージュ・プルミエ・クリュNV
ラベルには独立系家族経営メゾンであることが表現されています。


ぶどう品種はプルミエ・クリュ(一級畑)とグラン・クリュ(特級畑)のシャルドネ65%とピノ・ノワール35%を使用、ドザージュは5g/L以下、リザーブワインは40~50%


【第2部】NHK文化センター青山校シャンパン講座
第1フライトでハプニング

6月27日の講座で、ナパからの帰国時に購入したカリフォルニアのドメーヌ・シャンドン・ロゼ(未入荷)とエクストラ・ブリュット・プレスティージュ・プルミエ・クリュNVをブラインドで供出したところ、思わぬハプニングが!

IMG_4288.jpg
本来ならこのような比較試飲でしたが、あらら、色調が違い過ぎて・・・そこで全員で色違いのロゼをテイスティングすることに

#1:シャンドン・ロゼNV

生産者:ドメーヌ・シャンドン(米国/1973年創業)
ぶどう品種:CH、PN、M
価格:23ドル
サーモンピンク(左側)のほうはルビーグレープフルーツを彷彿とさせる香りや酸味、味わいにも内果皮由来の軽いビター感があり、フレッシュで溌剌さのあるタイプ。片や濃い方(右側)は香り華やか、ベリー系果実のような甘やかさ、種の大きな果実(スモモやアンズ)、香り同様、味わいにもキャンディ似の甘いニュアンスがあり軽いタンニンがアクセントのチャーミングなタイプ。講座生の好みは約半々に分かれました。私はサーモンピンク派!
酒質自体問題ないので、カリテプリなアイテムと言えますが、何故ここまでの色の差が出たのか。考えられる原因を調べています。

【追記(7月3日付)】ロゼの色の違いについて、松本信彦日本エノログ連盟会長に伺いました。 「ボトル内の酸素の含有量の違いが色調の変化に繋がったと考えられる」とのことで、ボトル内の酸素が微量といえども、淡い色のほうより多かったことで酸化が進み、色の違いに出たようです。


#2:エクストラ・ブリュット・プレスティージュ・プルミエ・クリュNV
IMG_4283.JPG
生産者:デュヴァル=ルロワ(NM)
ぶどう品種:CH65%、PN35%
ドザージュ:5g/L未満
価格:8,800円
初めてラベルに「エクストラ・ブリュット」と表記したアイテム。デュヴァル=ルロワでは以前からドザージュが少なめでも「ブリュット」と記載していたので、とても斬新。キュヴェの綺麗さ、ぶどうの質の良さを感じさせるアイテム、マダム・キャロルのお気に入り

第2フライトはパーセル・コレクション
IMG_4281.JPG
(左から右に)
供出順はジュリアンさんとのプレスランチセミナーの時の#2と#3を変更

#3:クロ・デ・ブーヴリー2006
生産者: デュヴァル=ルロワ(NM)
ぶどう品種:CH100% プルミエ・クリュ (メゾンの要クロ・デ・ブーヴリー)
ドザージュ:エクストラ・ブリュット
生産本数:15,888本
価格: 15,600円
マダム・キャロルを象徴するシャンパン
2002年から生産。シャルドネ100%(平均樹齢50~60年)、土壌は白亜質石灰層と一部火打石が混在。「火打ち石土壌の特徴はユーカリやミントのニュアンス」とジュリアンさん。オークの小樽&伝統的な大樽で熟成。毎年生産しているアイテムで、メゾンの研究材料の役目も兼ねています。
気泡細やか、白い花やおしろい花、洋梨やレモンのアロマ、石灰由来のミネラル、アカシア、黄金飴、口中ではぴ~んと張った矢のようなイメージ。長い余韻。2006年らしい果実の豊かさを感じるアイテム

#4:キュミエール2005
生産者: デュヴァル=ルロワ(NM)
ぶどう品種:PN100% プルミエ・クリュ (ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区キュミエール)
ドザージュ:ブリュット
生産本数:5,648本
価格: 15,600円
ジュリアン・デュヴァル=ルロワ(長男)を象徴するシャンパン
オーガニック100%、オーガニック栽培はぶどう畑全体の2%のみ。石灰質の粘土層、オークの小樽で熟成。
以前はオーサンティ(フランス語で“正真正銘”の意味)・キュミエールという名でリリースしていた製品。私が初めてキュミエールを試飲したのは2012年で、2003年ヴィンテージでした。2003年は極寒、猛暑、雹(ひょう)、霰(あられ)の凄い気候だったのですが、そのような状況下でもワインは奥行があり、本当に豊潤で感嘆しました! それ以来、ずっと気になっているアイテムです。
色調はゴールド、ドライフルーツやナッツのアロマ、ドライフラワー、チーズの外皮、スパイス、旨味、凝縮感

#5:プティ・メリエ2007
生産者: デュヴァル=ルロワ(NM)
ぶどう品種:プティ・メリエ100%(ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区ヴァントゥイユ/購入ぶどう)
ドザージュ:エクストラ・ブリュット
生産本数:988本
価格: 18,000円
シャルル・デュヴァル=ルロワ(次男/マーケティング担当)を象徴するシャンパン
個性的なシャンパンを好む愛好家向け、希少品種プティ・メリエ100%で特徴は酸味の強さ。粘土質土壌、オークの小樽で熟成。4つの中で一番淡いイエローカラー、黄色系果実レモンやカリン、芯の通った酸味、温度変化で酸の鋭さにまるみ、余韻にビター感

#6:ブジー2005
生産者: デュヴァル=ルロワ(NM)
ぶどう品種:PN100% グラン・クリュ(モンターニュ・ド・ランス地区ブジー)
ドザージュ:無
生産本数:3,258本
価格: 15,600円
ルイ・デュヴァル=ルロワ(三男/広報担当)を象徴するシャンパン
オーガニック栽培のピノ・ノワール100%、土壌は粘土質石灰土壌、オークの小樽で熟成
色調は黄金色、ブリオッシュやビスケットのアロマ、白カビチーズ、ヘーゼルナッツ、スパイス、ミネラル、ストラクチュア&力強さ。以前はオーサンティ・ブジー・グラン・クリュという名でリリースしていた製品


[わーい(嬉しい顔)]感謝を込めて!
講座生大満足の時間になりました。
貴重な機会を与えてくださったコーエン社長&中村専務にこころから御礼申し上げます。様々な機会でデュヴァル=ルロワのシャンパンを供出させていただくことができたことを光栄に思っています。本当にありがとうございました。

希少なシェーブル

素敵な差し入れ、今牧場の良質な山羊ミルクから作った季節限定の茶臼岳のシェーブル!


私はシェーブル特有の臭みが苦手なのですが、これは別格、クリーミーな食感でエレガント!
M女史のご配慮に感謝、感謝です。

【お知らせ】
輸入元ヴィレッジ・セラーズでのデュヴァル=ルロワ扱いは本日6月30日迄となります。
新規輸入元はIconic Wine Japan

nice!(7) 

マデイラワイン!! マデイラ島はロナウド選手の出身地、チャーチルもリタイア後余暇を楽しんだ魅惑の地! [NHK文化センター青山教室]

ワインで巡る世界ツアーの初回はマデイラワイン!

2018年の新たな試みは世界のワイン探求!
今年から〝ワインで巡る世界ツアー〟と題した単発講座を2~3月に1回のペースで開催することにしました。3月28日の初回は日本でも人気上昇中のポルトガルにフォーカス、講座生の皆さまを“大西洋の真珠”と称されるポルトガル領マデイラ島に誘いました。

マデイラ島は、スペインのレアル・マドリード所属のサッカー選手、クリスチアーノ・ロナウドの出身地。2010年に発生した大水害の時に、ユニフォームの下に“MADEIRA”と書いて、試合の勝利時に、それをまくって観客に見せ、マデイラの人たちを励ましました。現在、郷土の英雄として賛美され、島にはロナウドの記念館や銅像が建ち、昨年、空港もロナウド空港と改名されています。

3月30日から公開になった映画『ウィンストン・チャーチル』は観て価値のある映画ですし、飲んで価値あるシャンパンが登場しています。そのチャーチルの趣味の1つが、絵を描くことでした。生涯で500点ほどの作品を残していますが、リタイア後、余暇を楽しみ、絵画三昧の日々を送っていた地がマデイラ島です。酒類好きだったチャーチルなので、マデイラワインも愛飲していたようで、木下インターナショナルが輸入しているブランディーズ社にはチャーチルからの感謝状が残されています。

講座では、前半にポルトガル&マデイラワインについての基礎知識、後半に主要白ぶどう4種類の10年熟成タイプとブレンドタイプ2種類を利き比べました。当日はマデイラワインに精通している輸入元木下インターナショナル(株)マーケティング本部の館農俊則マネージャーと稗田千尋さんに多大なるサポートをいただきました。ありがとうございました!

マデイラ島について クリックで拡大

























出典:木下インターナショナル
ポルトガルの首都リスボンから南西に約1,000km、大西洋に浮かぶポルトガル領マデイラ島は東西55km、南北22km、標高1,800㍍の島で、常に海を見下ろす印象、ワイン名イコール島名です。夏は25度、冬は12度という気温に恵まれているので、館農さんは「マデイラは常春」とおっしゃっていました。

マデイラ(“木、材木”の意味)は1419年にポルトガル人が発見した島で、キリスト教と切り離せない関係から、入植後、ぶどう栽培、ワイン造りを開始。島が発見されて30年後に見つかった書物には、最初に植えられたぶどう品種が“マルヴァジア・カンディア”であったとの記述があります。
山がちの島なので、農業ができるのは島全体でわずか20%。人口30万人で、70%の人々が首都フンシャルに住んでいて高密度。南部にはバナナのプランテーション(400 ㍍)があるため、それらを避ける意味で、ぶどう畑は段々畑で、400~800 ㍍に位置しています。ワインは海からの影響による塩っぽさと、火山性土壌由来の酸が特徴。マディラワインにとって酸と糖度のバランスが大事です!

マデイラワインの誕生
コロンブスの時代、マデイラ島を経由した船は、アメリカ、インド、アジアを旅して、長くて5年ほどの年数の航海をしていましたが、マデイラ島のワインだけは、赤道エリア(50度)を4回通過し、熱にさらされることで、見事に熟成。凝縮し、複雑味を備えたワインに変化していました。当時は“周遊するワイン”と呼ばれ、高価なワインのひとつとして、アメリカでも人気を博し、独立記念日の祝杯用にも使われたことが知られています。

収穫:8月下旬、低地から高地の順で行い、すべて手摘み。
発酵:発酵を途中で止め、酒精強化を行う。マデイラは辛口から甘口までのタイプを造る。 
熟成:特別な手法、加熱熟成。
(1)エストゥファ】は船内で起きていたことを地上で再現した製法。ステンレスの容器でワインを3ヶ月間45度~50度で温め、酸化を促す。これにより、ワインは赤道を通過するのと同じ状況になる。エストゥファに使うのは黒ぶどうのティンタ・ネグロのみ。
(2)カンテイロ】は古樽を使い、常温で5年間、湿度は80%以下。樽の目が詰まっているので抜けるものは一番小さな分子(H2O)だけ。このプロセスによって、凝縮感や複雑味が備わる。

主要ぶどう品種について
白ぶどうは4種 生産量の15%
■セルシアル/辛口・ドライなタイプ、アペリティフ向き
病害虫に強い品種、収斂味、酸味が他品種より強いのが特徴
■ヴェルデーリョ/中辛口・ミディアムドライ、チーズや軽い食事
かつてはマデイラワインの主要品種、近年ティンタ・ネグラにその座を奪われている
■ブアル/中甘口・ミディアムスート、デザート類
芳醇で酸味と甘さバランスが良い品種、少生産で高値のぶどう品種
■マルヴァジア/甘口・スイート、デザート類
マデイラ島に最初に植樹されたギリシャ原産ぶどう。リッチで凝縮した風味が特徴、マルムジーとの呼称も
黒ぶどうは1種 生産量の85%
■ティンタ・ネグラ
19世紀、植樹された唯一の黒ぶどう品種。適応性があり、辛~甘口まで造れるマルチプレーヤー
ドライ、ミディアムドライ、ミディアムスイート、スイートの生産が可能

テイスティングは6アイテム
第1フライトは10年熟成タイプ(すべてバーベイト社



#1:セルシアル10年
ぶどう品種:セルシアル100%。発酵終了間際にアルコール96度のグレープスピリッツを添加し、発酵を止める。(酒精強化)カンテイロ方式(加熱熟成)で10~14年間の樽熟成。残糖度:45.0g/L。小売価格:6,000円(税別)
きれいな酸が塩辛の生臭みを見事に払拭、飲み手を気持ち良く包み込んでくれる包容力あり

#2:ヴェルデーリョ10年
ぶどう品種:ヴェルデーリョ100%。発酵が半分以上進んだ頃にアルコール96度のグレープスピリッツを添加し、発酵を止める。(酒精強化)カンテイロ方式(加熱熟成)で10~15年間の樽熟成。残糖度:71.0g/L、小売価格6,000円(税別)
「現在オーストラリアやNZで栽培されている品種はマデイラ島のヴェルデーニョであり、ポルトガル本土でかつて栽培されていたヴェルデーリョとは異なります」と館農さん。3割強が「好み」と答えていました。島に由来するピュアなヴェルデーリョの香りと味が琴線に触れたのかも知れません。酸味と甘味のバランスが良く、マデイラケーキとの相性も〇

#3:ブアル10年  
ぶどう品種:ブアル100%。発酵が半分以上進んだ頃にアルコール96度のグレープスピリッツを添加し、発酵を止める。(酒精強化)カンテイロ方式(加熱熟成)で10~14年間の樽熟成。残糖度:87.0g/L、小売価格6,000円(税別)
マイベスト! 芳醇な香りが魅力、口中に広がる凝縮感、旨味、カレーパン(なかの卵共々)との相性良好

#4:マルヴァジア10年
ぶどう品種:マルヴァジア100%。発酵の前半にアルコール96度のグレープスピリッツを添加し、発酵を止める。(酒精強化)カンテイロ方式(加熱熟成)で10~14年間の樽熟成。残糖度:101.0g/L、小売価格6,000円(税別)
100gを超える糖分がありながら、後方に控えたきれいな酸味が素晴らしく、極めてエレガント

第2フライトは5年熟成のブレンドタイプ

#5:デルヴィーノ・レゼルバ5年(バーベイト社)
ぶどう品種:ティンタ・ネグラ80%、セルシアル20%。発酵がかなり進んだ段階で、96度のグレープスピリッツを添加。その後、フレンチオークに入れ、カンテイロで熟成。ティンタ・ネグラは5年、セルシアルは7年の熟成を経たものをブレンド。残糖度:36g/L、容量:500ml、小売価格:2,400円(税別)
程良い甘さを残しつつ、セルシアルの心地良い酸が生きたブレンド、カレーも〇

#6:アルヴァダ5年ブランディーズ社
ぶどう品種:マルムジー50%、ブアル50%。18~21度で温度管理されたステンレスタンクで発酵(天然酵母)。約48時間後にグレープスピリッツを添加、アメリカンオークのカンテイロで5年間熟成させた後、瓶詰め前に澱引き、清澄してブレンド。残糖度:114.0g/L、容量:500ml、小売価格:2,800円(税別)
200年以上の歴史を有すブランディーズ社はマデイラワインの王道を行くスタイル。凝縮感、旨味にあふれ、ドライフルーツやナッツ、スパイスの要素がマデイラケーキと相乗!


ブレンドタイプは各年のものを合わせる(若くて3年、古くて50年くらいまで)
カンテイロで20年以上熟成したものはヴィンテージあるいはフラスケーラ(年号、番号付/20年に1度リコルクが必要)と呼ばれています。マデイラワインの保存は横にしないで立てたままで!

大胆なマリアージュ
 
魚卵系なんでもOKなので塩辛を用意しました。
口中に残っていた生臭さが一瞬で消え、隠れていたマデイラワインの酸味が舌をきれいに洗い流してくれる印象、おすすめのマリアージュ! 


私はお節料理や和食全般に合わせて楽しめるのがマデイラワインだと実感しています。
館農さんは「セルシアルと生うに」の組み合わせをすすめていました。料理の隠し味にも使えるマデイラワインは、開栓して1年以上経過しても全然問題ありません。

京都のマデイラ菓子店カステラ・ド・パウロの特製マデイラケーキ

マデイラワインに漬け込んだフルーツやナッツの風味がマデイラワインと合って本当に美味。今回の講座用に1ヶ月前から予約してゲット!

色や香りの変化

白ワインは薄い色調、赤ワインはルビー色からスタートし、10年後にはどちらも同じ色調に変化します。一番若いワインは3年ものですが、アロマは熟成とともにドライフルーツ、スパイス、タバコ、ロースト風味、ヴィネガー様のニュアンスに。「16人で5年間、香りの実験を行い、その結果、全員が感じ取ることができたアロマは30種(実際には400あると言われています)でした」と館農さん。

テーブルワインと合わない食材もOK!

たまご、しょうが、カレー、ヴィネガー等


マデイラワインの特徴香はソトロン、カレーのような香り


ということでカレーパン(茹たまご入り)を用意!
参加者の皆さんから、ご賛同いただきました。


[わーい(嬉しい顔)]Information
マデイラワインワールドを銀座7丁目で満喫

(左から)佐藤店長、館農さん、稗田さん、檜垣さん

木下インターナショナル直営の『マデイラ・エントラーダ』には3年物から1850年ヴィンテージに至るまで100種類のマデイラワインが揃っています。1杯400円からすべてグラスで楽しむことができます。もちろん、お食事とのマリアージュもご堪能いただけますので、是非、お立ち寄りくださいませ。

〒104-0061
東京都中央区銀座7-6-19 ソワレ・ド・銀座弥生ビルB1F ℡03-6264-5700
営業時間:17:00~23:30(L.O.23:00) / 定休日:日曜&祝日
店舗の詳細はコチラで!

[exclamation×2]追記(2018年4月12日)マデイラ・エントラーダでのマリアージュ報告
マデイラワイン恐るべし!

アルコール強化ワインのマデイラが食中酒として通用すること自体、新たな発見!


数の子や納豆巻きと合わせても口中で不快な苦みや臭いなし、驚愕!
個人的には、数の子は第1フライト(前列)の左から2番目ヴェルデーリョ10年(バーベイト社)。納豆巻きは第2フライト(後列)左から2番目ヴェルデーリョ5年(ブランディーズ社)が素直に食材を受け入れてくれた印象。


NHKの単発講座ではカレーパンを供出しましたが、今回は佐藤店長自慢のチキンカレー
ワインに含まれる物質“ソトロン”効果!

マデイラワインは体験すべきワインです。
銀座マデイラ・エントラーダのトークショー(5,000円)で目からウロコ状態にさせてもらえます!

nice!(12)  コメント(0) 

ワインで巡る世界ツアー ポルトガル編は芳醇な“マディラワイン”から [NHK文化センター青山教室]

2018年の新たな試み、それは世界のワイン探求
~もっと身近にマディラワインを~


快調なシャンパン講座に加え、今年から〝ワインで巡る世界ツアー〟と題した単発講座を2~3ヶ月に1回のペースで開催いたします。話題性を盛り込みながら、毎回数種類をテイスティングしていきます。初回は日本でも人気上昇中のポルトガルにフォーカス、皆さまをマディラ島にお誘いします。

世界三大アルコール強化ワインといえば、スペインのシェリー、ポルトガルのポート、そして“大西洋の真珠”と称されるポルトガル領マデイラ島で造られるマディラです。



講座前半でポルトガル&マディラワインについての基礎知識、後半のテイスティングでは芳醇な2アイテムと主要白ぶどう4種類(セルシアル、ヴェルデーニョ、ブアル、マルヴァジア)の各10年熟成タイプを利き比べながら、その奥深さを体感していただきます。
当日は、マディラのスペシャリスト、ゲストナビゲーターの輸入元木下インターナショナル(株)マーケティング本部の館農俊則次長がマディラ島およびワインの魅力を十分に披露してくださいますので、皆様には十分にご満足いただけるはずです。普段、味わう機会の少ないマディラを存分にお楽しみくださいませ。

日時:3月28日(水) 19時~21時
定員:20名
会員/受講料:4,492円、教材費:2,700円(税込)
一般 (入会不要) /受講料:5,173円、教材費:2,700円(税込)
[イベント]詳細はNHK文化センター青山校のポルトガル編 もっと身近にマディラワインを!

nice!(8)  コメント(0) 
NHK文化センター青山教室 ブログトップ