So-net無料ブログ作成
Wine Summit2019 ブログトップ

Wine Summit ~オーストリア情報はコンファレンス と東京でのイベントをクロスさせて~ [Wine Summit2019]

奇数年に開催しているWine Summit@オーストリア


オーストリア・ワイン・マーケティング・ボード(AWMB)主催のWine Summit には世界各国のワイン関係者およびジャーナリストが招聘されます。今年は世界39ヶ国から約200名が集いました。5月23‐26日の前半は、(1)ドナウ河に沿ったオーストリア北東部を巡る1グループ (2)シュタイヤーマルク&ブルゲンラントを巡る2グループ。5月26-29日の後半は(3)シュタイヤーマルク&ブルゲンラントを巡る2グループという5部構成で、各エリアを視察しました。

全員が集ったコンファレンス

伝統の都ウィーンのニーダーエステライヒ宮殿


画像提供:AWMB
5月26日に前半と後半のメンバーが一堂に会して!
前列最右にヴィリ・クリンガーAWMB会長

クリンガーAWMB会長が語ったオーストリア情報
ドメーヌ・ヴァッハウで働いた後、イタリアのアンジェロ・ガヤの輸出担当マネージャーとして活躍し、33年の歴史を有すAWMBの現会長として、13年間オーストリアワインの伝道に尽力なさってきたクリンガー氏。集会の冒頭、「12月末で会長を退任します」との挨拶がありました。

日墺国交樹立150周年

今年は日本とオーストリア友好150周年であり、両国にとっての記念年にお招きいただき嬉しく思いました。

Wine Summit2019から1ヶ月後の再会@東京

画像提供:AWMB
7月1日、シャングリラホテルでオーストリアワイン大試飲会が開かれました。50名以上のオーストリアワイン生産者と600名以上のトレード、300人のワイン愛好家が集い、大盛況となりました。


2日にはオーストリア大使公邸でプレス会見およびレセプションが行われ、朋友であるフーベルト・ハイッス駐日オーストリア大使と握手を交わしたクリンガー会長。日本のプレスの前に出るのはこれが最後です。

ここからは会長が5月@オーストリアと7月@東京で語った“オーストリア情報”です。

Exports2018

2018年の輸出額は1億7,000万€(前比6.9%増)、輸出量は5,300万㍑(前比10.5%増)、1㍑あたりの平均価格は3.24€(前比0.11€減)

オーストリアのワイン生産量は全世界のわずか1%程度です。2003年から2018年までの15年間の統計を見ると、輸出額は右肩上がり。「会長に就任してから毎年平均6.5%の成長率を継続してきました」とクリンガー氏。一方の輸出量はここ8年ほどは横ばい状態、5,000万㍑前後になっています。


画像提供:AWMB

スイス、アメリカ、オランダ、英国好調

最大の輸出相手国はドイツ(全体の49.6%)で2000年比では3倍、2位のスイスは6倍、3位のアメリカは9倍、4位のオランダは10倍、5位の英国は15倍の伸びとのことでした。


我が国は15位に甘んじていますが、1㍑あたりの平均価格は約8€/㍑、高額なワインが売れる市場です。
東京のイベントで詳細な数字が発表されました。「2018年の輸出量は139,000㍑(前比2.2%増)、輸出額は110万€(前比11.8%増)。日本は今後10倍になる可能性がある」とクリンガー会長。ちなみに日本は2000年と比べると2倍!?


もう1つの話題『Wine in Austria』

ヴィリ・クリンガー会長の13年間の仕事の締めを飾るに相応しい500頁から成る集大成『オーストリアのワイン』、カール・フォセルカ教授等、30人以上の有識者が著述。2019年12月上梓予定。


ダニエル・デッカー博士によるフリードリッヒ・ツヴァィゲルト博士(1888-1964)に関する講和


共同編集者カール・フォセルカ教授の歴史解説

コンファレンスの後半はウォ-キングランチテイスティング

オーストリアが世界に誇るワイナリーのワインを堪能


ぺットナットのブースもあり!


アプリコット・ティラミス、美味


ウィーンの夜はホイリゲ・パーティ

フーアガスル・フーバーのお店


音楽とワインは切り離せないホイリゲ


ウィーンのワイン、ゲミシュターサッツのブース


いつ飲んでも安定した味わいのツァーヘル!


2013 Riesling Brut Sekt Grosse Reserve Niederösterreich g.U. Langenlois Ried Heiligenstein

今回のツアーでは、泡ものを集中的に試飲する機会がなかったので、初日のパーティーで出逢えた12アイテムは貴重でした。オーストリアの泡もので定評ある『Steininger シュタイニンガー』


オーストリアのゼクトの規定




2016年に制定されたオーストリアン・ゼクトは3段階のピラミッドで構成されています。
下から順に、クラシック、レゼルヴェ、グローセ・レゼルヴェになります。画像のシュタイニンガーのゼクトはグローセ・レゼルヴェのクラス、“Ried(リート)”は単一畑を意味する表記です。


コンファレンスで、気になる瞬間がありました。
輸出相手国について解説していた会長が、15位までに入っていないNZを“fabulous 素晴らしい”と形容し、軽く触れていたからです。
Wine Summitが終って1週間余りして・・・AWMBからニュースリリースが届きました。クリンガー会長の後任に関する内容でしたが、それを読んで謎が解けました。90名の候補者の中から5名に絞り込まれ、最終的に会長職に就いたのはNZのクリス・ヨーク氏。現職はNZワイングロワーズ グローバル・マーケティングデイレクターです。

7月の来日時、クリンガー会長は「クリス・ヨークはNZで毎年10%の成長率を達成させてきたので、オーストリアでその勢いを示せば、3億€は軽くクリアできるはず」と語っていました。来年からのAWMBの動きにますます注目です。
クリンガー会長は9月に現地で会見をして、次なるステップを発表なさるようですが、ワイン界とは関わっていくとのお話でしたので、日本での再会もありそうです!

タグ:Wine Summit2019
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

オーストリアの泡もの事情 [Wine Summit2019]


画像提供:AWMB

5月26日~29日まで、オーストリアワインマーケティング協会(AWMB)のお招きでオーストリアに行ってきました。今回はスロベニアやハンガリーとの国境に位置する産地を中心に回ってきました。取材報告は改めていたします。
ここでは<番外編>として、現地で体験したスパークリングの印象をさらっと書いておきます。

酒質がきれいなクラッハー


マイベストだったアイテムは最終日に訪問したブルゲンラント州『クラッハー』のロゼ泡
甘露な甘口ワインは世界的に高い評価を得ているワイナリーですが、スパークリングワイン造りでも歴史があります。試飲したブリュット・ロゼNVはホント酒質が綺麗、シャルドネ30%、ヴァイスブルグンダー30%、ツヴァイゲルト40%のブレンド。オーストリアワイン専門の輸入元AWAが扱っています。シャンパンと比較すれば当然違いは感じますが、オーストリアのゼクトとしての完成度は高いです。
https://awa-inc.com/cms/wp-content/uploads/2019/04/Kracher-BrutRose.pdf

ヴィンクラー=ヘルマーデンのロゼ

ゲオルグ・ヴィンクラー=ヘルマーデン当主の父が購入した由緒あるシャトーをホテル(16部屋)やレストランにしたワイナリー。山の頂上にあるので眺めも素晴らしい!



その当主自慢のロゼ泡はピノ・ノワールから造られています。
ランチに供出されたフライドチキンと合せると若干のタンニン分が口中の脂分を洗い流してくれる印象なのでとてもフードフレンドリー

単一品種のスパークリングワイン


『シュタイニンガー』はオーストリアの泡ものでは先駆者的存在です。前述のクラッハーともども2003年に初めて訪問したワイナリーで、このアイテムは初日に開催されたホイリゲパーティに登場した12種類のスパークリングワインのなかの1つでした。安定した味わい、ぶどう品種はリースリング100%、シュタイニンガーもAWAが輸入しています。
https://awa-inc.com/wine_category/steininger/

私が回ったコースでは多くのゼクトを体験する機会がなかったのですが、クラッハー、ヴィンクラー=ヘルマーデン、シュタイニンガーともそれぞれの個性を感じさせるアイテムだと思います。

ウィーンの目抜き通りにシャンパンバー


自由時間が取れた30日の午前中はケルントナー通りを散策しました。ナショナルデ-だったこともあり、移動遊園地には多くの子供たちが!
シャンパンバーではモエ・エ・シャンドンやヴ―ヴ・クリコのグラス売りがあり、こちらはスマートな大人たちで賑わっていました。



今年は日本・オーストリア友好150周年の記念年なので、上野の,東京都美術館ではクリムト展(~7月10日迄)を開催していますね。通りにあったおみやげ店で、クリムトの絵をラベルにした小容量のスパークリングワイン発見。でも、でも、“Shampagne”という表示はシャンパーニュ委員会(CIVC)に見つかったら大変!

オーストリアでスパークリングは『ゼクト』と呼ばれています。
AWMBのサイトで詳しく紹介していますので、お時間があればご覧くださいませ。
ゼクト情報
https://www.austrianwine.jp/oesterreichischer-sekt-jpn/


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フランクフルト空港での乗り継ぎハプニング!! [Wine Summit2019]

フランクフルト空港で・・・あらら


2年毎に開催されているWine Summitの取材で今年も大好きなオーストリアに!
オーストリア航空が2018年成田、2019年2月に羽田直行便を再航したので、今回は羽田からのフライトを願っていたのですが・・・3ヶ月前に届いた招聘元AWMB(Austrian Wine Marketing Board)からの提案は、ドバイ経由のエミレーツ(938.03€)、フランクフルト経由のルフトハンザ(1353.92€)、直行のオーストリア(2386.27€)の3案。でも直行便は超予算とのことで実現ならず[ふらふら]
結果、消去法でルフトハンザに。評判も良く、足元に余裕のある座席も確保できたので、ひとまず安心していました。

フランクフルト空港での乗り継ぎ時間(65分は気がかりでしたが、AWMBが信頼する旅行社から「大丈夫」とのお墨付きがあったのでそれを信じて。

当日、14時5分に羽田を発ち、18時45分にフランクフルト着。即、19時50分発の6338便に乗り継ぎです。
入国審査のゲートには、あらら~予想外の人、人、人、長蛇の列。「時間がない!」と直訴しても、荷物検査で「乗り継ぎ時間が迫っている!」と主張しても、係官の態度は変わらず、信じられない成り行きに唖然。
すべての検査が終り、「A24のゲートまで何分かかるか?」と質問すると、「ここから10分!」と!
え~っ、完全に間に合わない! 
ゲートに到着した時はまさにフライト時間、海外取材で初めての出来事、アンビリーバブル!
女性係官から、「ルフトハンザのインフォメーションセンターに行って、次の便を手配してもらいなさい」とのアドヴァイスを受け、再び、なが~いロビーを逆戻り。


インフォメーションセンターにも順番待ちの人が多く・・・皆さん、乗り遅れ!?
20分待って私の番に。いくつかの質問を受けた後、別便に乗れることになり、心底安堵[わーい(嬉しい顔)]

スーツケースの確認。加えて、AWMBが手配してくださっていたタクシードライバーにも「到着時間が遅れる旨」の連絡がついて、トリプル安堵。ウィーン空港では遅い到着だったにも関わらず、ドライバーさんが待っていてくれました、ホント感謝、感謝!

往路の予期せぬ顛末は、結果オーライでしたが、トレードマークにしていたスーツケースベルトがなくなっていたのは、何とも腑に落ちぬ事態。しっかり締めていたのに、なんで取れるの、という感じです。
まぁ、厄落としと思えば、ね



今回の体験で、フランクフルト空港の印象は、全然良くないですが、ルフトハンザの機内エンターテイメントで、お気に入り映画『ボスベイビー』を観て、バカ笑して、気持ちの転換をしてきました!
教訓:フランクフルト空港での乗り継ぎは、余裕を持ってが一番、90分は必要です!

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行
Wine Summit2019 ブログトップ