So-net無料ブログ作成
Wine Summit2019 ブログトップ

オーストリアの泡もの事情 [Wine Summit2019]


画像提供:AWMB

5月26日~29日まで、オーストリアワインマーケティング協会(AWMB)のお招きでオーストリアに行ってきました。今回はスロベニアやハンガリーとの国境に位置する産地を中心に回ってきました。取材報告は改めていたします。
ここでは<番外編>として、現地で体験したスパークリングの印象をさらっと書いておきます。

酒質がきれいなクラッハー


マイベストだったアイテムは最終日に訪問したブルゲンラント州『クラッハー』のロゼ泡
甘露な甘口ワインは世界的に高い評価を得ているワイナリーですが、スパークリングワイン造りでも歴史があります。試飲したブリュット・ロゼNVはホント酒質が綺麗、シャルドネ30%、ヴァイスブルグンダー30%、ツヴァイゲルト40%のブレンド。オーストリアワイン専門の輸入元AWAが扱っています。シャンパンと比較すれば当然違いは感じますが、オーストリアのゼクトとしての完成度は高いです。
https://awa-inc.com/cms/wp-content/uploads/2019/04/Kracher-BrutRose.pdf

ヴィンクラー=ヘルマーデンのロゼ

ゲオルグ・ヴィンクラー=ヘルマーデン当主の父が購入した由緒あるシャトーをホテル(16部屋)やレストランにしたワイナリー。山の頂上にあるので眺めも素晴らしい!



その当主自慢のロゼ泡はピノ・ノワールから造られています。
ランチに供出されたフライドチキンと合せると若干のタンニン分が口中の脂分を洗い流してくれる印象なのでとてもフードフレンドリー

単一品種のスパークリングワイン


『シュタイニンガー』はオーストリアの泡ものでは先駆者的存在です。前述のクラッハーともども2003年に初めて訪問したワイナリーで、このアイテムは初日に開催されたホイリゲパーティに登場した12種類のスパークリングワインのなかの1つでした。安定した味わい、ぶどう品種はリースリング100%、シュタイニンガーもAWAが輸入しています。
https://awa-inc.com/wine_category/steininger/

私が回ったコースでは多くのゼクトを体験する機会がなかったのですが、クラッハー、ヴィンクラー=ヘルマーデン、シュタイニンガーともそれぞれの個性を感じさせるアイテムだと思います。

ウィーンの目抜き通りにシャンパンバー


自由時間が取れた30日の午前中はケルントナー通りを散策しました。ナショナルデ-だったこともあり、移動遊園地には多くの子供たちが!
シャンパンバーではモエ・エ・シャンドンやヴ―ヴ・クリコのグラス売りがあり、こちらはスマートな大人たちで賑わっていました。



今年は日本・オーストリア友好150周年の記念年なので、上野の,東京都美術館ではクリムト展(~7月10日迄)を開催していますね。通りにあったおみやげ店で、クリムトの絵をラベルにした小容量のスパークリングワイン発見。でも、でも、“Shampagne”という表示はシャンパーニュ委員会(CIVC)に見つかったら大変!

オーストリアでスパークリングは『ゼクト』と呼ばれています。
AWMBのサイトで詳しく紹介していますので、お時間があればご覧くださいませ。
ゼクト情報
https://www.austrianwine.jp/oesterreichischer-sekt-jpn/


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フランクフルト空港での乗り継ぎハプニング!! [Wine Summit2019]

フランクフルト空港で・・・あらら


2年毎に開催されているWine Summitの取材で今年も大好きなオーストリアに!
オーストリア航空が2018年成田、2019年2月に羽田直行便を再航したので、今回は羽田からのフライトを願っていたのですが・・・3ヶ月前に届いた招聘元AWMB(Austrian Wine Marketing Board)からの提案は、ドバイ経由のエミレーツ(938.03€)、フランクフルト経由のルフトハンザ(1353.92€)、直行のオーストリア(2386.27€)の3案。でも直行便は超予算とのことで実現ならず[ふらふら]
結果、消去法でルフトハンザに。評判も良く、足元に余裕のある座席も確保できたので、ひとまず安心していました。

フランクフルト空港での乗り継ぎ時間(65分は気がかりでしたが、AWMBが信頼する旅行社から「大丈夫」とのお墨付きがあったのでそれを信じて。

当日、14時5分に羽田を発ち、18時45分にフランクフルト着。即、19時50分発の6338便に乗り継ぎです。
入国審査のゲートには、あらら~予想外の人、人、人、長蛇の列。「時間がない!」と直訴しても、荷物検査で「乗り継ぎ時間が迫っている!」と主張しても、係官の態度は変わらず、信じられない成り行きに唖然。
すべての検査が終り、「A24のゲートまで何分かかるか?」と質問すると、「ここから10分!」と!
え~っ、完全に間に合わない! 
ゲートに到着した時はまさにフライト時間、海外取材で初めての出来事、アンビリーバブル!
女性係官から、「ルフトハンザのインフォメーションセンターに行って、次の便を手配してもらいなさい」とのアドヴァイスを受け、再び、なが~いロビーを逆戻り。


インフォメーションセンターにも順番待ちの人が多く・・・皆さん、乗り遅れ!?
20分待って私の番に。いくつかの質問を受けた後、別便に乗れることになり、心底安堵[わーい(嬉しい顔)]

スーツケースの確認。加えて、AWMBが手配してくださっていたタクシードライバーにも「到着時間が遅れる旨」の連絡がついて、トリプル安堵。ウィーン空港では遅い到着だったにも関わらず、ドライバーさんが待っていてくれました、ホント感謝、感謝!

往路の予期せぬ顛末は、結果オーライでしたが、トレードマークにしていたスーツケースベルトがなくなっていたのは、何とも腑に落ちぬ事態。しっかり締めていたのに、なんで取れるの、という感じです。
まぁ、厄落としと思えば、ね



今回の体験で、フランクフルト空港の印象は、全然良くないですが、ルフトハンザの機内エンターテイメントで、お気に入り映画『ボスベイビー』を観て、バカ笑して、気持ちの転換をしてきました!
教訓:フランクフルト空港での乗り継ぎは、余裕を持ってが一番、90分は必要です!

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行
Wine Summit2019 ブログトップ