So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お気に入りシリーズ ブログトップ
前の10件 | -

ひとりでも寛(くつろ)げる空間 京都『和久傳』 [お気に入りシリーズ]


先週、A.S.I.アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクールの取材で京都に行きました。
12ヶ国24選手が競い、その頂点に立ったのは、京都在住の新進気鋭の岩田渉ソムリエ(29歳)でした。ファイナル18日のリポートはワイン雑誌『ワイン王国』で紹介させていただきます!
昨年5月、オーストリアのウィーンで行われたヨーロッパ最優秀ソムリエコンクールの報告はブログに載せていますので、是非、その雰囲気を感じてください。
岩田選手は来年3月ベルギーで開催される『世界最優秀ソムリエコンクール』に出場する権利を得ました。現地での健闘をこころから祈願しています!

洛北に連なる山並を眺めながら

取材前夜、懐かしい京都『和久傳』へ


2018年年10月17日撮影
小川大輔店長&料理長(前列左から2人目)は純粋『和久傳』育ち、11年の修行の後、料理長に!


2009年10月撮影
2009年の訪問時、当時料理長だった馬場一彰さん(前列左から2人目/ 独立して現在は北大路おたぎ当主)以下、メンバー全員の集合写真を撮らせていだきました。改めて写真を見直して気が付きました。前列左側に小川さんのお姿が!
今回お邪魔したのは10月17日、9年前に初めて京都和久傳を訪問してブログにアップしたのが10月17日、不思議な巡り合わせになりました!

竹の香りも心地良い和久傳オリジナル日本酒

玉子豆腐 すっぽん吉野


剣先イカ 横輪 造り


鱧 松茸 土瓶蒸し
今年初の松茸体験、上品なお出汁の風味、鱧の食感、五感で楽しめました。


グラス・シャンパンはロンバール
線香花火のように元気な気泡、ヘーゼルナッツや蜜的要素もあって



鰤 幽庵焼 舞茸 栗
鰤の焦げた皮や栗の風味がシャンパンの香ばしさやナッツのニュアンスと相乗してナイス


雲子 天麩羅
口中に広がるふわふわ感



ひすい色のぎんなん、綺麗!
透明感を纏(まと)ったひすい色のぎんなんを見るたびに、シャンパンメゾン『ペリエ・ジュエ』のエルヴェ・デシャン シェフ・ド・カーヴの言葉を思い出します。
「フランスではぎんなんは道路に転がっているだけで調理に使うことはないが、日本ではぎんなんを美しく調理している。そのことにとても感激した」と。


鮑と海老芋 麩合せ
器の色合いともバランスが良く、視覚的にもイイ感じ


鯛の黒寿し 赤出汁
和久傳に行ったら、絶対に外せない逸品!



山椒あんの麩焼き
サクサクした外側の麩を割ると・・・


なかに山椒!


お薄の準備


小川料理長がたててくださったお抹茶
京都和久傳の皆さま、お世話になりました!


京都駅ビルにあるので移動しやすく、店内は落ちついた風情


数年前、室町和久傳にお邪魔してきました。高台寺和久傳や室町和久傳で、料理長として活躍していた藤山さんが、独立して東京進出なさるとの嬉しいお話を伺いました。現在準備中で、来年2月には銀座に新店舗が完成予定とのこと。その折にはお邪魔したいと思っています。来年がとても楽しみです!

■京都『和久傳』
京都市下京区烏丸通塩小路下ル ジェイアール京都伊勢丹11階
公式HP http://www.wakuden.jp/ryotei/

タグ:京都和久傳
nice!(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

本物を見る目を養おう! 桐島洋子先生の『骨董物語』@ポーラ ミュージアム アネックス [お気に入りシリーズ]

50代になってから骨董蒐集(こっとうしゅうしゅう)を始められた桐島洋子先生
先生の蒐集品の数々が、現在、銀座ポーラミュージアムアネックスに展示されています。
『骨董物語』と題された空間には中国とフランスの逸品が! 
そしてそれらを慈しみながら解説する桐島先生の映像が随時流されています。

「人生の熟成は神の祝福であり、加齢によって輝きを増し、味わいを深める骨董との付きあいは何よりの励みになります」と語る先生の生き方をコレクションを介して見ることができます。

IMG_5599.JPG
[コピーライト]Photo by Fumiko AOKI

『スリーピング・ビューティー(眠れる美女)』と命名された青花磁器、繊細で雅な姿です。
透けるような肌合い、さわるともろく壊れそうな薄手の器の感じ、おわかりいただけますか。
17世紀、イギリスに運ばれながら、荷揚げされないまま倉庫で眠っていた器たち。
300年の眠りから覚めた美女たちを、桐島先生はスリーピング・ビューティーと名付けています。

IMG_5611.JPG
[コピーライト]Photo by Fumiko AOKI

ルビー色の鮮やかなこと!
優雅にルビーグラスを愉しんでいた1700年代にタイムスリップしてみたい気分になります。

IMG_56134.JPG
[コピーライト]Photo by Fumiko AOKI

素材だけでなく、シルエットの美しさに魅了されました、きれいです!

IMG_5623 .JPG
[コピーライト]Photo by Fumiko AOKI

ルネ・ラリックの香水瓶、う~ん、このブルーには引き込まれました

IMG_5628.JPG
[コピーライト]Photo by Fumiko AOKI

オーギュスト&アントナン・ドーム兄弟の作品は色遣い、デザインへのこだわりが随所にあって

IMG_5635 .JPG
[コピーライト]Photo by Fumiko AOKI

ロマノフ王朝の1903年のディナーメニュー!
ワインを生業にしている私にとっては非常に興味ある中身でした。
牛フィレにコス、ジビエのシチューにシャンベルタン、キジのローストにシャンパン・・・ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパンという供出順序も時代を知る上で面白かったです。


[コピーライト]Photo by Fumiko AOKI
誕生年の『Chピション・ロングヴィル・バロン1937』を手に。お気に入りの1枚(2008年5月撮影)

桐島洋子『骨董物語』は8月22日(日)まで開催されています、入場は無料です。
目利き能力を養うためには、本物を見るのが一番。そこには画像やネットでは伝えきれない“凄さ”、“素晴らしさ”があります。


青の世界 ~ベンデラブルーという名の青いバラ~ [お気に入りシリーズ]


「ベンデラブルー」という名の青いバラ。水滴が“真珠”みたいに撮れました!

親しくしているお花屋さんに、紙婚式のお祝い用にオレンジのバラ「パレオ90」をお願いしました。 >>>http://zukan.roses1000.com/r_or-1.html
昨年末から、「青色」に惹かれている私は、誕生日用に「青いバラ」を頼みました。

お花屋さんから届いたのは「ベンデラブルー」という名の青バラ。じ~っと見ていると不思議な気分。 このバラは白バラに青の色素を吸わせて作るとのことでした。

そして昨夜、お祝い会後、息子君から届いたお礼メールに面白情報が添付されていました。
「青い薔薇のニュースを見つけました。09年にサントリーが販売するそうです」と。
http://www.asahi.com/life/update/0203/TKY200802030140.html

バラには青色の色素をつくる能力がないこと
英語のブルーローズが不可能を意味することetc、私は知りませんでした。
来年、サントリーから発売されるという青いバラの名前も花言葉も楽しみです!
asahi.comの青いバラのニュースが、ちょうど2月3日付だったのも嬉しい気分。
今年は「不可能なことを可能にできる年かも」な~んて勝手に思ったりして(笑)


内藤忠行氏のゼブラからブルーロータス、桜まで [お気に入りシリーズ]

我が家にはたくさんのゼブラがいます。この子は一番のお気に入り!


新入りは、結婚式の引き出物でいただいたデミタス・カップ
えめぞ~さんとエリンギさんの気配りを感じます。


そして、我が家のゼブラのルーツになっているのが写真家内藤忠行氏の写真です。
彼が撮る野生のゼブラは精悍で綺麗、凄さもあるので、完全なゼブラファンになりました。

今年は7日から六本木で写真展が開かれています。
早速行ってきましたが、なかでも昔の技法で処理したという“桜”は見事
またもや魅了されてしまいました。
写真集『ブルーロータス』のその神秘的な青にも惹かれています。



実は昨年来からず~っと気になっているのが、このブルーなんです。
http://blog.so-net.ne.jp/non-solo-vino/2007-06-16-1

【関連サイト】
Tadayuki Naitoh Official Website
>>>http://www.p-om.net/

【内藤忠行氏の写真展】
期間:2008年1月7日~1月31日(木)
会場:未来画廊
東京都港区六本木5−10−25ゼルコート2F
TEL 03-5772-9797 FAX 03-5772-9796
http://www.mirai-gallery.com/


明けましておめでとうございます [お気に入りシリーズ]

明けましておめでとうございます



今年も宜しくお願いいたします。
新年のごあいさつは、EOS 40Dを使った初撮りです♪
レンズは28-135mm
少し重いのですが、お気に入りの機器になりそうです。


Happy Bottle No.24 [お気に入りシリーズ]

最近はブログのアップも週2回ペース、とてもマズイです(苦笑)。
前回は“ふみ(23)の日”がらみだったので、今日は「24」のお話にしま~す♪



happy-sanのブログ「ジュワルクールが割れた」の画像を見ていて、
どうしても気になるボトルがありました。
http://blog.goo.ne.jp/happy-san_001/e/dc1eb5521a492f424342d30029eb88a4

何度見ても、そのボトルに目が行ってしまうのです。
で・・・happy-sanに気になるボトルのことを聞きました。

happy-sanから、次のようなコメントが届きました。

  これは、「B24 New Message」というボトルで、バイオレットとターコイズになります。

  バイオレットは、スピリチュアリティ、奉仕(自分のブループリントを生きるという意味での)
  高い精神性、天のエネルギー・・・の色。
  レッド(地)・ブルー(天)のコンビネーション、女性性・男性性の統合性の色・・・でもあります。

  ターコイズは、ドルフィンのように自由でクリエイティブ。 
  ハートからの感じるコミュニケーション、というキーワードがあります。
  感じたままを表現し、この瞬間をハートで生きる・・・

  またマスコミュニケーションとのつながりもあるので
  自分の表現を多くの人に伝えていきたいときにもサポートになる色なのです。

自分の表現を多くの人に伝えていきたいときにもサポートになる色! これはとても嬉しい言葉、元気になれる言葉でした!

今、私の手元には、happy-sanが贈ってくださった「B24」が♪
ボトルパワー! 自分の表現を多くの人にお伝えしていけるよう頑張らなくっちゃ。



水密桃で作った“ベリーニ” [お気に入りシリーズ]



(株)志ほやさんからの水密桃「白鳳」が届きました♪
ブロブ仲間のwinoさんやhappy-sanのブログにはすでに到来物の桃たちが
登場していますが、桃の画像からは甘い香りが漂ってくるような気がします。
我が家にも甘~い香りが広がっています。

続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今週は白桃週間 [お気に入りシリーズ]


                   画像協力:志ほや

今週心待ちにしているもの、それは大好きな桃の到着!
水密桃「白鳳」の出荷がもうそろそろだそうで・・・
明日アップ予定のasahi.comには
“白桃とベリーニ”について書いていますが
桃がまだ手元に届いていないので
画像は(株)志ほや様からお借りしました。

桃って、ホント、可愛くて、赤ちゃんみたいですね♪
我が家に「白鳳」が着いたら
早速写真家に変身したいと思っています。
もちろん、自家製ベリーニの画像も!

<追加> 10日アップの“白桃とベリーニ”です♪ http://www.asahi.com/food/column/wine_saijiki/TKY200707100119.html


パリの街角から [お気に入りシリーズ]

帰国前日、快晴のパリを散策してきました。
パリのホテルでswisscomに接続したものの、「保存」を押すと、
トップ画面に戻るという繰り返しで唖然、唖然の私でした。
アップロード@東京です♪


お気に入りの角度からのワン・ショット >>>オペラ座


ワイン好きさんにお薦めしたいワインショップ >>>LAVINIA


モンターニュ通りからシャンデリゼに抜ける道で見つけたお気に入り
ムンクやダリを連想させる建造物でした♪


シャンデリゼ大通りのショールームで。
レクサスFineはパリっ子の人気を集めていました♪
>>>レスサスFine


オーストラリアのグレート・バリア・リーフ [お気に入りシリーズ]

(社)日本ソムリエ協会の機関誌の表紙でいつもお世話になっている
写真家の帆足侊兀さんから、神秘的な青色がまぶしいオーストラリア
グレート・バリア・リーフの紙焼写真をいただきました♪
これはヘリで3,000mの高さから撮影したものだそうです。
珊瑚と海の水深が生み出す自然の青色グラデーション、綺麗です!


                              Photo by Terutaka Hoashi

帆足さんは世界遺産に指定されているグレート・バリア・リーフや屋久島に出向き、
迫力ある写真をたくさんお撮りになられた由、HPにもありますが、この写真は
そのなかの1枚です。
今回、許可をいただきましたので、折角なのでご披露させていただきま~す。

>>>世界遺産についても調べてみました♪

追記で~す♪
帆足さんからいただいた情報によりますと、グレート・バリア・リーフは全長約2,600kmで、沖縄を除く、北海道から本土に連なる長さと同じだそうです。グレート・バリア・リーフの珊瑚には、地球温暖化の元凶CO2による影響が出ていないので、このような綺麗なサンゴ礁の景観になっているとのことです。

地球を守らなければ・・・と思います!


前の10件 | - お気に入りシリーズ ブログトップ